創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

遅ればせながら[春の祭典]御礼

f0230391_17214346.jpg

追加公演までありの「春の祭典」が終わって、反省も開放もする間もなく韓国バージョン[いい子わるい子子守唄」に突進、先日公開リハーサルまでやりました。今更ながらですが、改めて、「春の祭典」見ていただいた方、踊ったダンサー、作品をともに仕上げたスタッフ皆さん、心よりお礼申し上げます。
最後のシーンの、白塗りもはげ落ちた姿を見ていただくとどれほどの運動量で踊りぬいたかわかっていただけると思います。終了後すぐに「再演を」の声も聞こえ、よかったなあとホッとしました。
ダンスがないと成立しない音楽をつくり、吸血鬼のようにダンスをほしがるストラヴィンスキーさんに付き合えたことは、終わってみると本当に良い機会でした。これは企画の勝利ですね。作っている間も12組が同じ悩みと取り組んでいると思うとなんだか孤独にならず、みんなどうするのだろうなと、そっちを想像したり、でした。一番先に終わって、お役目を果たし、やれやれ、ほっとして、いつもの自分に戻り、再び振付。

1時間7人作品を、20分3人作品に手直しの作業は手ごわく、一難去ってまた一難。公開リハーサルでたくさんの意見も頂き、今夜これからもう一度見直し。

この間に神楽坂ダンス学校のショーイングもあり、ダンスに埋もれて過ごした、この夏の暑さ。ダンサーの熱さはすごいの一言。本当に暑さも忘れダンスに没頭する姿に今年はくらくらいたしました。今週末のDzone番外編まで見届けて韓国に行ってきます。

秋になれば9月からすごい企画が目白押し。みなさん、見たり、踊ったり、助けたり、よろしくお願いいたします。
[PR]
by session-house | 2015-08-19 17:48 | ダンス