創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

今年の挑戦

マドモアゼル・シネマが活動を始めてもうすぐ25年、いろんな経験を積んできました。
今年は7月にレパートリーを外国のダンサーと共に踊る新体験、8月にはレパートリーを地方のダンサーだけで踊る新体験、と二つの新しい試みに恵まれました。

レパートリーを共有するだいご味を、シンガポールで初体験。女ばかりの舞踊団の我々のダンスを、衣裳も変えず、振りも変えず男女で上演。想像以上の結果に、男子も入れようかなの思いも、、、

札幌では結婚のため活動を離れた元マドダンサーがワークショップ生に振りを伝え、彼らにマドモアゼル・シネマ公演に出演してもらうという初めての試みに挑戦!リハーサルの様子を映像で知らせてくれ感動します。28日札幌で、共に舞台に立ちます。

札幌のダンサー渡部倫子さんが発起人となり進めている、コンカリーニョ10周年記念公演です。拠点地域を行ったり来たりの交流にしようと、12月にはセッションハウス25周年に渡部さん率いる札幌ダンサーたちが東京に来てくれます。

まったくの草の根交流ですが、作品を仲立ちに札幌と東京を結び、ダンスによる共感の輪を広げていきたいと願う気持ちが寄り添いました。少しずつダンスが社会に溶け込み、役にたち、うれしい実感を持てるようなりたい!と、オリンピックを観ながら、やはり強く思うのです。

8月28日札幌近郊にいらっしゃる方は是非コンカリーニョでお会いしましょう。
[PR]
by session-house | 2016-08-13 19:17