創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

”ざわざわ”と今年はダンス豊作の予感!

まだ2月!ダンス公演は毎週のようにあり、ダンサーたちは誠実に踊ります。もう1年間も見たような、圧倒的な質量を感じます。

セッションハウスという小さな場での定点観測ですから、偏っているとは思いますが、ダンスの変化を感じます。小劇場を活動の場としているダンサーに限るかも知れませんが、変化が形になり始めてきた感があります。

個人の体から創出されるダンスは、何でもありと言われる個人的なダンスとして、アイディアや、テーマ等、各個人の提示するモノを楽しむダンス=コンテンポラリーダンスとして人々に届いていたように思います。

ダンサーの身体が強さを増してきて、個人の提示するものが普遍性を持ってきたというのかな、
大きなテーマをダンス作品にするために特権的な身体とテクニックが必要だったモダンダンスや、そこからもっと身体性に照準を当てたポストモダン、と発想をまったくことにするコンテンポラリーダンスの身体性が実ってきたというのかな、
強度を持った体の個人性が放つ普遍性というのかな、

今年になって、心を揺さぶられるダンサーにもう何人も出会いました。
作品というより、ダンサー個人の体が発する物語、とでもいうのかな。

素朴な体が語る詩のような、彫り込んでいく彫刻のような、こんなジャンルはもっと素朴な名前で親しまれるといいな、と「コンテンポラリーダンス」というジャンル名に不自由を感じるこの頃です。


[PR]
by session-house | 2017-02-26 16:10