創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2010年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

焼きそば、チャーハンはお持ち帰りでも十分おいしいけれど
汁そばは現地がいいと今日は珍しくお出かけ。
1分で着くご近所、名物塩ラーメンに大満足。ちなみに良平氏も
毎週りゅうほう麺です。

今日は少し緊張する社会的な仕事だったので、ダンスを創作する
時と違う頭を刺激。ダンスを発信するには踊ることの意義を考えたり
外からの問いかけにこたえたり、まとめたりも必要です。
踊るだけでは得られない社会性を身につけ、ダンスがもっと生活の
中で楽しまれ、必要とされるよう頑張りたいと思うのでした。

私たちの仕事、ダンスそのものではありませんよ、制作の仕事は
今日はほめて頂き、頑張り心がほっこり。

一仕事終え、塩ラーメンも食べたし、一息つくと思い出すのは昨夜の
こと。彼らの無念を思うとPK決着はいかん。
あれほどの死闘の後にあれはないよとまた悶々。

今夜もスタッフは21の下見。
スタッフブログもオープン、ダンス同様セッションハウスのあれこれを
楽しんでください。
[PR]
by session-house | 2010-06-30 19:08 | Comments(0)
バレエの尾本安代先生が10年ぶりにニューヨークへ。

レッスンを受けたり舞台を観たり休みをかねた情報収集。
ダンス好きがわいわいと稽古しているようで、日本人もたくさんで、
ヒップホップのクラスは芋の子洗いだったよう。

ヨガでストレッチをすませ、バレエレッスンはすぐにプリエから、
たっぷりのアンシェヌマンというクラスが多いと聞きました。

どこの国にも私たちのようにダンス好きがいると思うと楽しい。

私の今日の昼クラスは空間をつかむをテーマにしました。
明確に体を見せる線と面を考え、舞台にくっきりと立つ練習。

私のクラスもダンス好きの集まりです。
目的はそれぞれですが楽しく集中、体の勉強に余念がありません。
最後のステップはサッカーを意識したコンビネーションで、
今夜の日本代表への応援としガッツポーズでクラス終了。

今日は気功治療も受けからだの調子は万全、
地下は週末の21フェスのスタッフ下見、みんなしっかり働いています。
私は一足先にあがり、応援に精出します。
[PR]
by session-house | 2010-06-29 22:03 | Comments(0)
大学ダンス3企画終わりました。
最終回は集客に苦戦しましたが、観客動員と作品の質の良さが
常に正比例しないのが辛いところ。
新鮮な表現からダンスの醍醐味まで詰まった良い公演でした。

自画自賛だけでも仕方ありません。
ダンスの現場にどうしたら気楽に来てもらえ、そしてそのことに
きっちり堪える作品を提供出来るか、皆で宿題とし解散。

サッカー組と居残り組に別れ、スタッフ打ち上げ。
ビールを呑みながら最近見つけて夢中のギターデュオ、ロドリゴとガヴりエラの
DVDを見、ダンスからのクールダウン。

今日は仕事の山、浴衣に着替える時間無しで日舞クラスに駆け込み。

手ぬぐいの踊りが始まりました。
いやいや古典は奥が深い、日本の文化が成熟した江戸の面白さに
受講生一同しびれっぱなし。「東京タンゴ」で手ぬぐいくわえ踊りましたが
大変失礼しましたとひれ伏す気持、と言ってすぐに真似できるほど
簡単ではない。マドダンスはあれでいいのよと妹に慰められました。

作品の方向性も見えてきたマドダンス、今日も一頑張りしてきます。
[PR]
by session-house | 2010-06-28 18:38 | Comments(0)

今日は2公演

UDC卒業のダンサー公演が昨日から始まりました。

来年10年目になる大学生達の自主的公演は「競わない」を
団体の理念として出発、神戸で競い合い知り合った者達が
違う形でダンスを共に創りたいと始まったものです。

UDCといえば見る側、踊る側共に楽しい距離の近さが特長。
見てもらうために楽しい作品を力を合わせて創ってきました。
最初は力の差、テクニックや創作手法の差などが目に見え、
それはそれで地域の特長ともなり賑やかに春を過ごしてきました。

今、こうして育ったダンサー達の作品は新鮮で
「次世代を担うダンサー」の役割を果します。

日女体祭りから始まった大学ダンスの進行形をお見せする
この企画はダンスの未来に向けて模索努力する彼らの
ドキュメント、南アフリカで日本サッカーの未来を切り開く
代表の姿と私には重なります。

4つの小作品と1つの合同作品、

それぞれが辿ったダンスの道が混ざり合うダンスはいろいろな
形式や手法が見え面白いです。
発展途上の彼らの挑戦、今日です。ではお出でをお待ちしています。
[PR]
by session-house | 2010-06-27 10:53 | Comments(0)
理由は日本中同じ、もちろんサッカー。
起きていて良かったあー。本田のゴール、目が覚めました。
緊張感の切れない素晴らしい時間をリアル体験出来、
我が人生も開けていくような気分。

一夜明けて会う人ごとにわいわいにこにこ、クラスの後は
フラフラ。

夜は外の公演を観に。
寝てしまうのが心配でしたが、疑問が頭を占めウーム。

ゴールのないダンスの難しさ、爽快な行き着く先は見えません。
説明されてもいや、意味が見えなすぎても分からない、
メッセージがありすぎてもイメージを遊べない。
スカッと3点入って味わい知った喜びの大きさ、
ダンスもそれぞれ何処にゴールを設定するか考えなければ、
と帰る道々自問自答。

今しもテレビではポルトガルとブラジルが試合終了。
男達の夢と絶望が織り成すリアルタイムのドラマ、
年も忘れてしびれまくります。

鹿児島に住む80を過ぎた母も昨夜の試合は起きて応援、
勝ったと妹をたたき起こしたようです。それにしても
鹿児島の大雨が心配。
[PR]
by session-house | 2010-06-26 01:04 | Comments(0)

今日も忙しい一日

外を歩いていない。
私の足はまたもや表現する足に成り果てたと蘇先生に
怒られるでしょう。

夢中になると耳も聞こえないし、外へも行かない。
ご飯も忘れる。

いい職場で必ずお茶タイムがあります。
おかげで助かっています。
今日は2度もありまして1回目が水羊羹、2回目がクロワッサン。

神楽坂はおいしいパンやさんだらけ。
名物パンがあちこち、クリームパンはご近所の亀井堂、
カツサンドはリトルマーメイド、クロワッサンはメゾンカイザー、
あれこれおいしいドイツパン屋はベッカー、、、、
是非お試しあれ。

さあ気持ちを切り替えダンス、ダンス、ダンス。今日は作曲の
やすのチャンがリハにきます。
ざわざわと進むいい子わるい子楽しみにしてもらえるよう
頑張ってきます。

ホームページどうですか。ほめてもらいたい気持ちがぞわぞわ。
[PR]
by session-house | 2010-06-24 18:47 | Comments(1)

発表します

秘密裡に進めていたホームページ作戦、本日完成。
どうですか。

可愛い私のブログロゴは以前「赤い花 白い花」のチラシに
画家の古田恵美子さんが書いて下さったものをデザインしました。

この繊細なホームページのデザインは我が社の誇る照明家であり、
チラシのデザインも手がける石関美穂であります。

年間何作品の照明をプランするか考えただけでクラッ。

まだ不都合もありなので、ご意見お聞かせ下さい。

今後も皆様に愛される場所にしていきたいとかわいい私ロゴに
気持ちも新たに思います。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by SESSION-HOUSE | 2010-06-23 23:38 | Comments(0)

ダンスも学習

松本大樹さんのワークショップ募集始まりました。
アメリカで学びなおし、教えること、創ることに熱く燃える大樹さん。
今付き合って損はないでしょう。

「チーム松本で21フェスに出よう」という振付家のいる舞台を経験
するワークショップです。

誰にでも踊れる、創れるというのもこのダンスの持ち味といわれますが
踊るも創るもそう簡単なことではないと私は思っています。
楽しそうに踊るダンスにお金を払ってまで観に来る価値をどう
持たせられるか、大事な問題です。
若い振付け者が作品をどんどん創るのも面白いです。
しかし創るだけではなく学ぶことも必要だと私はまたも思うのです。

私が現役で踊った頃は舞踊団に所属し、先生の振付け作品に出演
させてもらうのが舞台への道でした。その作品を踊ることが学ぶ方法
でした。独立して出会ったアメリカ人のダンサー、ニーナが実質的な
振付けの教師だし、アメリカでは助成制度というものがあり、書類を
つくり、公のものとして活動するダンスのあり方を教えてくれたのも
ニーナです。ふたりでの舞台活動はライブハウスでした。
その話はまたいつか。

学ぶことは言葉を習得するのと同じ、苦労して見つけた方法も
確立されたものだったりもするのです。

舞台までの企画が多いのは私のそんな体験からでしょう。

簡単に面白いものを創らなくても良いのでは、とも思います。

面白いよりも本当に向き合っていることに真剣であること、
表現者に必要な資質に本気で取り組むこと、が時間をつくり、
お金を払ってまで来てくれる人への私たちの基本です。

スポーツの世界でもコーチがいます。手法を学ぶのも楽しいし、
振付家を自分のコーチに出来るのもワークショップの利用法。

ジャンさん、大樹さん、井向さんと振付けから舞台までのクラスが
続きます。好きな作品傾向の振付家の舞台を経験、今後の活動に
役立ててもらえたら嬉しいです。
[PR]
by session-house | 2010-06-23 19:25 | Comments(1)

集中のダンスクラス

昨日は事務に集中、クラス、リハに集中と脳をくまなく使い
疲れました。脳と体のバランスが悪いと首が硬くなります。

今日は少しゆっくり、、、と言っても昨日からの問題を抱えたまま。
公演受付の置きチケットの機能的な方法を可能にする用紙を
作成しようと弱い頭で四苦八苦、数字と線はつらい。

得意の脳を使いリラックスしようと昼はクラスに集中。
今日は体の使い方を習得している人たちが揃っていたので
エネルギーのイメージ化という抽象的なことに挑戦。

静かな時間とくっきりとしたからだの移行が美しく、
時間のたつのを忘れてしまい、受講の時さんが小さな声で、
「時間過ぎています、、、」
大慌てでどう終わっていいか困り、みんなで「万歳」
デンマーク戦の先祝いとし無事終了しました。

一人ひとりのイメージが形をつくり空間を構成するダンスの
面白さ、今を伝えるからだの持つ意味、その上スポーツ同様
体を動かす楽しさまで満喫できるダンスは、するもよし、観るもよし。

今日の新聞で坂本龍一さんが話していた音楽の話を面白く
読みました。
デジタル化が進み、プロとアマの差がなくなりフリーに曲が手に入る
現状の中での音楽のあり方についてです。
ダンスは生身の体なので状況はちがっても生きている今は音楽とも
同じです。誰にこのダンスをどのように届けたいのか、
集中は体の問題だけではすみません。
と今日は企画の脳が活性化、観てもらいたい心が蠢きます。
[PR]
by session-house | 2010-06-22 20:07 | Comments(0)

事務所はみんな働き蜂

月曜日は事務仕事に忙しい。
週末連絡を頂いても本番の日はなんか事務的な
頭が動かない。

ダンサーのテンションが乗り移り、普通じゃない。

疲れも実はあるのですが、終わるまでは平気。
みんなが帰りホッとしてドボドボに疲れているのを実感。
一口のビールがしみこみみんな親父化。

一夜明けると「何昨日の熱は」みたいな不思議な気持ち。

高揚した現場に身を置き続けるとその続きで働きます。
昨日は舞監として現場を仕切っていた麻衣ちゃんは
今日はやり手の事務スタッフ。
いくつもの企画が交錯するワークを仕切ります。
経理の清子さん、敬子さん、企画の孝さん、と5人
狭い事務所は、働き蜂の集団と化します。

一番若い麻衣ちゃんがよれよれになりベテランの笑い声が
響きます。ベテラン清子さんも帰ろうとしたら大事なものを
忘れたり、皆よれよれ。

日舞もあきらめ働いた私は今からクラス、そしてリハ。
ドボドボ、よれよれながら気持ちは前向き。
りゅうほう焼きそばで気合を入れました。
[PR]
by session-house | 2010-06-21 18:57 | Comments(0)