創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

雨の上野

シャガール展にやっと行けた。
抽象と具象が溶け合い赤や青の色合いが独特で好きです。
大好きです。あんなダンスが作りたくいつも見ています。

何年か前、いまはない同潤会アパートの画廊にふらりと
立ち寄り、「一生に一度こんな日があって良いのではないですか」
と進められ、シャガールのリトグラフを買いました。

いま思っても大胆な、清水の舞台から飛び降りるよりすごい決意を
あの日は出来たのですよ。不思議な一日でその絵はいまも私を
慰め奮い立たせ、幸せにしてくれます。

お金も希望もなくパリに着いた若いシャガールの映画が放映されて
います。11日まで東京藝術大学大学美術館でやっています。
いい時間でした。

シャガールの好きな人にはきっと好きになってもらえるマド、
公開リハをします。4日、7日、12日、夜9時からのリハをオープンに
します。ダンスは見なきゃ分かりません、誰かを誘いたい人自分の
目で確かめ「よし」と確認できたら口コミお願いしたいのです。

故郷に帰るような再演の作業は受け止めてくれる人が必要だなと
実感、気楽にのぞいてください。舞台とは違う面白さがあります。
是非のぞいて意見を聞かせてください。
[PR]
by session-house | 2010-09-30 18:15

時代の流れ

昨夜は21アドバンスの下見、囲み舞台にしただけで変化
することが分かりました。
まず作品の質がいいのです、客席を想定することは空間を考え
、見る人をイメージするのだなと実感。力作が揃います。
ノンセレクトでもこれだけの作品が揃うのはどんなもんだいと鼻高々。

動きが丁寧になり、身体の物語がシンプルに見えてくれば
もっと良いなと思うけれどそのダイナミックさが若さのよさでもあるし、
下手な助言はしない、しない。

作品を作る力のある若いダンサーが増えて来ました。
20年前は気持ちはあれど作るって何って状態、海外のワークショップも
数多く体験したダンサーが増え、いい感じで表現します。
これも時代の流れです。きっと彼らの力が必要な時代だから必然として
作る力のあるものが育ってきたのだと思います。

アルバイトしながら作り続けるダンサー達にいい時代になるといいなと
願います。

私は時代の波に乗るにはすこし苦労、今日も訳あって入ったフェイスブックに
四苦八苦、どうしたらいいもんだろうか、なにをすべきだろうか、、、、、
もはや波からはずれテクテクとまいりたいものですが、現実はまだまだ
下手な波乗りを必要としているし、ちょぼちょぼと行くことにします。

そろそろマドリハの準備、行ってまいります。
[PR]
by session-house | 2010-09-29 20:23

すっかり秋

秋はつるべ落としのようにやってきて、暑かったのがうそのよう。

月曜日は日舞で女子力を磨きます。日舞で知る女心は新鮮です。
使ったことのないぶったり、すねたり、あまえたり、と書くだけで
キャーな手練手管・・・・・いや普通しないでしょうみたいなしぐさ、
なのですが、そこが芸。型は身体の動きですという先生の言葉どうり。
面白いですよ。

東京カワイイTV、好きで見ますがものづくり日本の伝統が
あんな形で受け継がれているのが面白く、価値観は共有できないのに、
楽しいなと思います。文化は知らず知らず根付いているのかも。

日舞で血が騒ぐのも体に根付いた何かがそうさせるのでしょう。

女子力で頑張るマドモアゼル・シネマのダンスも根付いた体で
勝負、6人のダンサーが見ごろに育ってきています。

まだ2回目のリハが終わったばかりですが、予感がします・・・・

今日はシアター21、アドバンスの下見。初めての囲み舞台を
試みます。ダンスが近い距離で迫ります。すっかり秋めき淋しさも
感じます。ダンスを見て淋しさを捨てましょう。待っています。
[PR]
by session-house | 2010-09-28 18:55

ひさしぶりの青山

スパイラルホールでエマニュエル・ユインのコラボレーション作品を
見ました。もう10年近い付き合いになる彼女は今フランス、
アンジェ国立現代舞踊センターの芸術監督です。頑張っています。
生け花の奥平さんとの共同創作は静謐な空間とキュートな仕草が
共存するもので、テクニカルに支えられた空間は謎にみち不思議な
感覚の居心地のいいものでした。

スパイラルは以前はダンス公演が多くよく行っていましたのでいろいろな
公演を思い出します。ダンスの時代と言われていたなと思い出しました。


ユインは生け花が好きで初めて会った時も一緒に作業をする華道家を
探していましたが、日本人が見過ごす美しさに惹かれずっと継続し続けて
いたのだなと嬉しくなりました。

しぶといフランス人に負けず今日のジュゴン公演の岡本さんたちも
和を追求しています。スポーツクラブで教えている彼女達の少し
年配の生徒さんが沢山見にお出でになります。いい観客動員だなと
思いながら受付をしました。

入り口の植え込みの手入もしたし、さあ芸術の秋突入。
[PR]
by session-house | 2010-09-26 01:19
昨日は8時間のロングリハ。ウイーン、ソフィアと踊りつないできた記憶から
自由になることから作業は始まりました。

最初の5分くらいのシーンに7時間、根負けしそうな時間を皆で切り抜け
新しい2010年の不思議が立ち上がって来ました。
ひずみの中で悲鳴を上げている現在に生きる私たちのいまを、
共に語る、でも暗くないダンスにしたいとおもいます。

個人の記憶と時代の記憶、作業していて昭和に生まれ、いろいろな
体験をしたなと改めて思います。

今日のクラスでも皆でおしゃべり、小さな人たちが平安に暮らせる
世の中であって欲しいものです。社会の中を孤独に進む私たちは
皆小さな人ですから。

ダンスの中で小さな人が出てきます。
楽しみにきてください。
[PR]
by session-house | 2010-09-24 16:20

頭はぐるぐる

さてこれから「不思議な場所」の一回目のリハーサルに突入。
昨夜からDVDを見、ノートを読み返し、キューシートを見直し、
一気に不思議モードに入りました。

切り替えだけはすばやくなりました。

一時間前まで20周年を思い、企画ノートは思いつきでびっしり。

最初の企画「ダンス花」「Dゾーン」はいい出演者が決まり、セッションハウス
らしいダンスが年のはじめを飾ります。元気なダンスで未来を創ろうと
張り切るダンサーたちです。10月には情報が出ますから応援して下さい。

ああ・・10月はすぐそこ・・・時間との勝負ですがヨーロッパでの成果を
折り込んだ「不思議」をお届けしたいと思っています。
繰り返す再演で、チケットの伸びがまだのようです。

勝山さんの物まねで、ご家族、親戚、お友達、恋人皆様連れ立って
おいで下さい。きっと誰かと思いを共有したくなります。
見ていただき、一緒に笑えたら本望です。
では、また切り替え、振り付け作業に入ります。
[PR]
by session-house | 2010-09-23 14:00

日々ダンスに大突進

うわおー・・・いきなり東京時間に逆戻り、
目まぐるしくも愛おしいダンス、ダンス、ダンスの嵐。

5組のガールズデュオ「ダンス花」はかわいい日本を代表、観客和みました。

クラスは屈強の男性達も加わり昼クラスとは思えない濃さ。

間で気功で体を整え、20周年に向けて第一回目の企画会議。
これから沢山の人の力を必要とします。民間で20年間活動を続けたことの
意義や成果や問題点を形にする作業です。
ダンサー以外の力も大きな助けになります。よろしくお願いすることになります。

会議の後、今週末のDゾーンジュゴンの下見。和をテーマとするグループで
今度のお話は怖い昔話、夏の終わりにいいと思います。熱い気持ちで踊る
演劇的な作品は年代問わず分かりやすさが売りです。

その間雑用もこなして、下見を終え自宅に到着、ご飯も食べずにベッドに
直行。朝になっておりました、という訳で。

今日もまだ暑さが残ります。皆で元気にまいりましょう。
[PR]
by session-house | 2010-09-22 09:54
鳥取、鳥の演劇祭に参加して来ました。久しぶりのアウェーは刺激的。

参加の11団体と視察の全国ホール関係者が同じ宿に泊まり食事を共にし、
温泉で裸の付き合いという濃密な4日間を過ごしました。1日3~4団体が
交代で仕込み、公演し、とそれだけでもダイナミックなのに作業なのに
夜ごと交流の場とプレゼンテーションが行われ、バスで同じホテルに戻る
3夜。見たり、踊ったり、話したりと海外のフェスティバルト同じ。
送迎、食事も完備。何より良かったのはすばらしいスタッフの皆さん。

総指揮官は中島諒人さん、それを支える劇団員の皆さん、東京から駆けつけた
スタッフが文字どうり寝食忘れて作り上げていきます、
地元のスタッフも親切です。私たちが上演させていただいた交流館の館長の
長尾裕昭さんは町の発展に取り組む頼もしい人で歴史と今後の町の発展物語を
語って下さるのでした。

鹿野町は静かな城下町でゆったりと時間の流れる場所でした。慌しいはずの
中、ぽっかりといい時間が生まれ昼寝をしたような満足感。砂丘だけでなく鳥取に
足を運ばれたら鹿野の町を訪ねてみてください。
魚が豊富で、交流館のソフトがおいしいし、お堀には気の強い白鳥が浮かび、
美人の猫が昼ね。町を流れるせせらぎの音と、私はタイムマシーンで異空間の
一人旅をしばし楽しみました。たったの1時間とは思えない時間が過ぎたのです。

ダンスのことまでたどり着けず続きはまた。
本日のダンス花の仕事に戻ります。

[PR]
by session-house | 2010-09-20 12:24

ツアー前バタバタの巻

時間よ戻れと今日も麻衣ちゃんが叫びます。
ナンダカンダ、あれやこれやでバタバタ、すったもんだ・・・

景気が良いのか悪いのか、年中無休、貧乏暇なし、なのに
勢いはあるし、志はあるし、でも何かが足りないのは確か。

今言ってもしょうがないけどツアー前の雑用といっても全部大事なことを済ませ
今から公開リハーサルの準備。忙しいのに見てもらいたいのは大事なことだから。
見てもらい、初めて分かることがあるのです。

衣裳はさすが。メンズアンダーウェアーに身を包むマドモアゼル・シネマを
定番にしたいと原田先生。良いと思います。そうしたいと思います。

旅の準備がまだですが、心落ち着けてまいりましょう。
では明日行ってまいります。
[PR]
by session-house | 2010-09-15 19:37

もうすぐ衣裳が・・・

女子美の原田先生の衣裳は素材が面白いのも特徴。
今度も男性用下着のアレンジ・・・・出来てくるまでどんなだろうとドキドキ。

下着やTシャツが全く表情を変えます。驚くばかりの大胆さで変身したものに
今日も出会うはずです。明日初見せ、お出での皆さんもお楽しみに。

今日の事務所は大きい男性たちががっしりと占拠。おやつの時間と
民主党代表選挙の時間がかぶり、でこぼこと山のように人盛り。
日本がいい方向に進むよう心から願う時間となりました。

ちなみにおやつは赤坂のあんみつ、TBS時代から孝氏自慢のお土産。

今夜はステップアップの下見です。突然の鳥取行きで本番を見ることが
できません。長いシアター21フェスの開催で本番にいないのは初めて。
下見をしっかり見せてもらいます。出演の梓ちゃんがチョウ緊張、
こうして踊る心をもっとストレートに伝えられたらダンス好きは増えると思う。
ライブハウスとも、劇場とも違う第三の見せ方、先日のシアター21フェスに
引き続き何か見せ方があると思うのです。うーーン・・・・
[PR]
by session-house | 2010-09-14 18:19