創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2010年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

ただいまー

昨夜無事みんな元気で帰って来ました。
岡山は大きい空間を思い切り踊り、福岡はいびつな空間を面白く
演出でき外で踊る醍醐味の中、いい公演になりました。

嬉しかったのは9月の鳥取を観た人が何人も岡山まで来てくれたこと。

旅するダンスがそうしてつながっていくことは、本当に嬉しいことです。

パワフルなダンサー達はどの地でも人々を楽しませ、驚かれ、喜ばれました。
福岡では麻衣子引きずる白い布に美紀ダイビングのシーンでお客さんも一人
椅子からダイビング、音楽の爆音と、とダンサーの飛び込む振動と、
その人の落ちた振動そして発するなにやら悲鳴のようなものと、、、
心配やらおかしいやら、ああ生きた心地がしませんでした。

終わってふるさと資料館で博多の祇園祭のドキュメントを見、感動。
男の祭りの真剣な目のように女の祭りのマドダンスもありたいと思いました。

岡山ではダンサーの三浦宏之さんがアフタートークのゲストとして、福岡では
セッションハウスのスタッフで今は故郷福岡に帰っている田中美佐ちゃんそして
加藤恵美ちゃん(結婚して三浦さんになっていましたが)の二人が助けてくれ
私たちの旅がまたつながりました。

岡山の制作は小石原さん倉知さん、福岡ではスウェインさんにご尽力いただき
ました。こうして希望をつなぐ作業を続けることの大変さも含め、たくさんの人に
助けられながら進める有難さにふるえます。

祭りの手締めでしめた今回のツアー、これからもしっかりしめてまいります。
観てくれた皆様、関わってくれたのすべての皆様有難う。
[PR]
by session-house | 2010-10-31 11:34 | Comments(2)

では行ってまいります

あいにくの雨となり、そぼろぬれながらおいでくださった皆様に感謝。

昨日は2回公演、昼間のお客様と夜のお客様はなぜか質が違います。
話し合いなしに始まるライブの時間をそれぞれの人が過ごし、
そしてそのとき一回きりの時間が生まれます。

終わって、打ち上げの準備をしていたら今日観たという方から電話。
アンケートに書き忘れたと感想を伝えてくださいました。
それぞれの気持ちのままに感じてもらえた喜びをいただきました。
前回新聞で知り、好きになりまた観てくださったのだそうです。
こうして小さなつながりが出来て、その人の人生の1ページに参加
出来る、、、、やり続ける喜びです。

ダンサーの体は今日、明日少し休ませメンテナンスが必要でしょう。
よくがんばるダンサー達に、今回は賞賛の声が集まりました。
素晴らしいダンサー達ですねとたくさんの方から声をかけていただき
とても嬉しいです。

では岡山、福岡と行ってきます。

昨日のバラシを手伝ってくれた皆さんにも心から感謝。
[PR]
by session-house | 2010-10-25 11:19 | Comments(0)

二日目の朝

昨日おいでくださった皆様有難うございました。
初日の緊張は何回繰り返してもなれません。一緒にその緊張を
共有してもらえる有難さでいっぱい。

ダンスは分かりにくいけれど、でも分かりたいのが観客心理、
その心理が実は答えだと私は思います。
人それぞれのそのとき抱えている心持で見てもらえ
その心持の確認というか、感覚の独特さと出会うことが私にとって
ダンスを続けるエネルギーなのです。

ダンスは私にとって人の持つ気持ちという宝に出会う贅沢な時間です。

ダンサー達の気持ち、スタッフの気持ち、観る人の気持ちが集まる
ライブ、今度はこの後岡山、福岡と続きます。その地にお知り合いの
いる方は是非ご案内下さい。
「旅するダンス」9月の鳥取に続く国内ツアー、大道具を抱え移動する
私たちを見てドイツの子供たちが「コメディアンが通るよ」と笑いました。
本望です。

「不思議な場所」も本番で突発事故が起きます。踊りながら処理する
様子は笑いを抑えるのに苦労します。皆さんに笑ったり泣いたり、
楽しい時間をすごしてもらいたいと、今日も嬉しくお待ちします。
[PR]
by session-house | 2010-10-24 10:47 | Comments(0)

いよいよの朝

こうして本番を向かえダンスに専念します、と言いたいところだけど
ツアー前の雑用もかかえどちらも大事。

着る物はまだ決まらず。暑さ、寒さの具合が分かりません。
先日も気功治療に出かける私を見た敦子さんが薄着過ぎるよと
注意してくれました。案の定寒くてスパッツを買い、帰りはぬくぬく。
コートを着ていくべきか、今悩んでいるところです。
「コートは早すぎます」と美穂ちゃんは言うのですが。

さー、そろそろ戦闘ムードに入りましょう。
心は燃えています。がまずは冷静にダンサーの体ならし、本番の日の
大事な仕事です。体を安心して使うことで開かれた表現になります。
私がもっとも集中する時間です。

新聞で連載中の小説の中に、柔道家の教えとしてこんな言葉がありました。
「受け身、丹田、立ち姿、型」
いい体に持っていき、いい今日を迎えます。
[PR]
by session-house | 2010-10-23 09:55 | Comments(0)

大混乱の頭

ブログが暗いといわれました。事務が嫌い嫌いオーラが出ているよう。

暗い気持ちではなく戦う気持ちが強いと自分では思い、いかんと反省。
面白みも覚え、振り付けとは違うのめりこみが出来ます。
ただ要領が悪いのは、若いときに覚えた仕事ではないのでなにやら
理解が遅いような気がします。

いまからクラスとリハ、昨夜は不眠症になりました。
本番を控えていつも眠れない夜が来ます。
あーでもないこーでもないと頭の中のダンサーを動かします。

明日は仕込み、いよいよです。
問題の場所がもう1,2箇所。クリアしたいと思います。
では本番においで下さいますよう、心からお待ちしています。
[PR]
by session-house | 2010-10-21 19:03 | Comments(3)

事務仕事

水曜日はクラスの受け持ちがないので思い切り事務に没頭。
留守の間の様々をすませ、思い残すことなくの出発としたいのですが、
いやいやなかなか片付きません。

水曜クラスの良平氏とはクラス後の打ち合わせが多くなります。
今日も今年のこと、来年のこと、あのことも、このことも、と広がり
結果はまだ何も出ないけれど未来の展望を語りました。
てっぱんダンスの打ち合わせだと次の現場へ慌しく飛んでいきました。

この2週間は舞台に専念、その後は来年の企画の煮詰め作業。
書類作成が多くなります。
20周年、20周年と念仏のように唱えながら考え続けます。

暮れるのがいつの間にか早くなり、ふと外を見るともう真っ暗。
旅に着て行く物も考えていなかったねと照明のみほちゃんとぐったり。
というか、まだ機材の発送も出来ていないし、旅の前は最後まで
いつものようにバタバタになるのでしょう。
今日の通し稽古は落ち着いて出来る最後、明日からはテクニカルとの
あわせが中心になります。いよいよです。待ってて下さいね。
[PR]
by session-house | 2010-10-20 18:43 | Comments(0)

クラス後リハ

昼のクラスは皆いい感じで動きます。年齢も様々、目的も様々、
体への集中がセッションハウスダンスクラスの特徴かな。
ジムでは物足りないひとや、丁寧な指導者と出会いたい人には
ここの先生たちはうってつけ。初心者もプロ志向でなくても
来て見て下さい。いまからバレエの尾本先生と打ち合わせ、
有無を言わせぬ指導はいつの間にかバレエにどっぷり。

尾本先生とマドモアゼル・シネマいつかビッグニュースを届けます。
楽しみにしていて下さい。

リハは2,3箇所問題あり、今日は細かく直し、通してみます。
では安代先生がおまちなので失礼。
[PR]
by session-house | 2010-10-19 20:27 | Comments(0)

文化の違い

昨日は通しリハが早めに終わり、ダンサーの疲れもピークだったので
ビールを飲んで早めの解散、、、、全員帰り戸締りをしていたらトントンと
笑顔の外国人2人。マドリハーサルを見たいと訪れてくれた素敵な2人は
来日中のブッパタールオーケストラのチェロとフルート、不思議な縁でマドに
興味を持ってきてくれたのに、いつもはまだまだリハの真っ最中なのに、、、
「残念だね、来年ヨーロッパで見てね。」「おー」などといって気のいい2人は
ホテルに帰りました。日本でのコンサートは各地で拍手が鳴り止まないと
嬉しそう。今夜はサントリーホールで演奏。110人の楽団員が移動しながら
全国を周るそうです。

何をいいたいかというと、その楽団員全員がブッパタールの劇場に所属、
ドイツの各地方それぞれの劇場はオーケストラも備え、役者もダンサーも
いて活動し町の人が支援し、海外にまで活動を広げているということ。
ピナの活動もそうやって支えられてきたのでしょう。

日本の文化の中に見る楽しさを取り戻したいと日夜思い続け、小さな
活動を続ける身には程遠い彼らの存在でした。

しかし日本文化、の1つ日舞に本日も受講生皆でうなりました。
藤音頭という新しい演目に入り、いつものように先生の後からシナシナと
踊ります。藤が松に絡む様を踊るのですが、お見せしたい手練手管、、、

この独特の表現はもっと誇りに思い、各地の劇場に歌舞伎、狂言、能、文楽
などの劇団があり、コンテンポラリーなものと共存していたら素敵だなと
白昼夢。

白昼夢に引き続きこれから2週間舞台に夢をつなぎます。
働きながら踊る日本のダンサー達の夢が皆様に届きますよう。
[PR]
by session-house | 2010-10-18 18:30 | Comments(0)

チョウ充実の週末

3日間連続のロングリハ、こんなに恵まれた環境はなかなかないので
大集中。敦子さんが入って3日目で通し、衣裳もスクリーンも本番どうりに
試せました。いいものになりそうです。皆様お誘い合わせいただきぜひ
お出で下さい。今までにない空気が流れ、5年の年月を積み重ねた
面白さがあると私は思います。見ていただきたく思います。

昨日の朝日新聞、フロントランナーに近藤良平さんの大きな記事が出ました。
読まれた人も多いと思いますが、いいインタビュー記事です。
私のコメントも出ていますから見てください。
貼り出しをすると思いますので読んでいない人はついでにセッションハウスへ
どうぞ。長く会えない友人たちからもメールがあり、良平氏のおかげで
懐かしいひとたちとつながりました。

岡山、福岡にお知り合いのおいでの方は是非マド公演をご案内下さい。
ダンスを見たことのない方にもきっと楽しんでいただける物語になって
いると思います。昨日は12時間のリハ、動き続けるダンサーは大変。
見続ける私の目はしょぼしょぼ。3日で年をとった気がします。
[PR]
by session-house | 2010-10-17 23:50 | Comments(0)

全員揃いました

スイスから敦子さん帰国、やっと全員揃い踏み。
ダンスのシーン同様「ただいまー」「おかえりー」と駆け寄ります。
5年間繰り返してきたリアルな時間は積み重なり次への道を求めます。

どんな「不思議な場所」になるか、同じことの繰り返しなのに毎日の
営みと一緒で、決して同じではないライブの面白さ、見るも演るも
楽しいものにしたいなあ。

スイスチョコでとろけながらも、一年ぶりの全員での現場はなかなか甘くは
なく、皆で悪戦苦闘。といってもギスギスではなく挑戦的な感じ。

クラスは最後のコンビネーションを「チリの救出された男たちにささげる」
とし、踊りましたらなんとも素敵なダンサーたちの祝福のダンスとなり、
目的を持つのも良いねと「ビバ、チリ」とクラスを終了したのです。

今夜から3日間連続のロングリハで勝負は決まります、、といっても敵が
いるわけではないし、それでも頑張りたい心なのです。

ユーチュウブでアップした映像も評判です。
子守唄はいいものです。
[PR]
by session-house | 2010-10-15 17:05 | Comments(0)