創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2011年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

「東京タンゴ」あれこれ

「東京タンゴ」リハ開始。2005年鹿児島、福岡と国内公演、思い出深い
この作品を20周年記念公演にしようと決心したのは昨年の秋。

まさかの現在の日本の状況の中で、「賛成」か、「反対」かと問う作品を
やることになるとは、、、
この間に私たちの状況も大きく変わり、様変わりしたメンバーでのぞむし、
美しき独り者だったジャンさんもパパになり、あのピナが「オー、ジャン」と
驚いたと、当のジャンさんが苦笑いしながら教えてくれました。

鹿児島の私の同窓生と家族が、ものすごい努力をして開演前のロビーは
長蛇の列。ダンス公演であんなに人が並んでいるのをみたのは、70年代、
新宿で行なわれた「土方巽」の舞踏公演のとき以来と、ほんとに驚き。

階段に80人の高校生ダンサーを座らせ、600か700かの客席は即満員!
昨夜もみんなでDVDをみて、改めて感謝、感謝、感謝。
鹿児島のみんなに祝されたこの作品は一番20周年にふさわしいと考えたなと
思い出します。甲南高校38会のみんなと家族、彼らの熱が作品にしみこんで
いるはずです。

ふるさとを喪失したり、帰れなかったり、と日々心の痛いニュースに接して
いますが、私がふるさとからもらった、大事なものでダンスを作ります。
記憶遺産の山本作兵衛さんの絵をみていると、労働の日々を描いてある
リアルさが心にしみます。その人にしかかけない現実、強さにうたれます。

ふるさとはその時台風!浸水した道路を走り、トタンが飛ぶ中買い物に行き、
激しい南国の接待に、みんなにとって一生忘れられない思い出になりました。
[PR]
by session-house | 2011-05-31 21:21 | Comments(0)

気持ちの良い週末

6組のダンサー達の真剣勝負、見ごたえありとたくさんの感想をいただきました。
この時代に、欲も徳もなく自分のからだを媒体に表現する彼らのダンスに、心
からの声援を送ります。そして届き、響くために必要な作業をしたいと思います。

届けて欲しい人のところに届ける方法、踊るだけではなくダンスを仕事とする人
に出来る仕事があるだろうと、やわらかい彼らをみていると、そう感じます。
明らかに少し前の世代と違う、彼らの感覚や感性をくみ上げ活用すれば、世の
中はもっと住みやすく、呼吸できるだろうなと信じさせるものがあります。

少しの弱さをカバーする方途はあるでしょう。良平氏がいみじくも言った「男女、
まったく対等だね。」持ち上げるのも、引っ張るのもどっちもありの関係は、
良いか、悪いかは分からないけれど、新世代の特徴です。

この気持ちの優しい、男女対等の彼らの未来のために少し頑張りたいなと、
非力ながら思うわけです。「わかる」という共感を一般の人に広げられれば、
彼らの役割も明確になり、踊る場所が出来たり、新しいダンスの仕事が生まれる
のではと、、、、気持ちよい週末の後はまたまた考えるのでした。

起業するぐらいの勢いのある誰か、きっとダンスの仕事があるはず、、、ですよ。
さて今夜から「東京タンゴ」皆さんにご助力いただいていきたいと思います。
夏までよろしくお付き合い下さい。
[PR]
by session-house | 2011-05-30 18:20 | Comments(0)

雨の日曜日

降りますね、お客さんがそろそろ家を出てこちらに向かわれる時間。
小ぶりになるよう念じます。

地下ではダンサー達がからだをほぐしている時間です。
スタッフは少しの休憩。

UDCアフターズは、全員学生の時からの付き合いで一番長い人は10年に
なります。ダンスを通してみる人の成長、、、テクニックだけではない変化が
あり、ダンスが膨らみます。彼らはダンスで人を楽しませたいと学生の時から
1つの価値を共有しているので、いいことです。

良平氏に曲をもらい作った「休憩音頭」でお客を和ませる技も持ち、
作品は、個性的で、でも共存していてと、いろいろにダンスの問題を
クリアしています。そこでです。よし頼むです。

概念をはっきりさせ、みる人に「分からない」を言わせない楽しさを、
まだまだみんなで考えて欲しい。

みていてこんなにいいダンスの数々、もっと見せる方法を考え、良平氏に続きましょう。
雨の日に、しょんぼりしないで、音頭を踊りに、出発、待っています。
[PR]
by session-house | 2011-05-29 13:06 | Comments(0)

記憶遺産

いい響きです。山本作兵衛さんの炭鉱画が記憶遺産として認定されたと新聞で
よみ、ひえっと驚きました。驚く理由があるのですよ、、、
実は、あるのです、原画が。うちに、です。

なぜ?かといいますと、昔TBSに勤めていた孝さんが、炭鉱の取材にいった時
ご本人からいただいたものです。1ヶ月ほど前に、片付け物をしていて見つけ
博物館に送った方が役立つねと話していたばかりなので、昨日の新聞で、
ひえっとなったわけです。スタッフブログに写真をアップしたのでみて下さい。
現物はもちろん博物館にお送りします。

働く人の実感があふれ、みる人に迫ります。

炭鉱の事故の絵を、今、原発の事故の中で見ること。豊かさを求める人間の業を
思います。人間の豊かさはこの1枚の絵のほうにあるとうなります。

記憶遺産、いいですねえ。
[PR]
by session-house | 2011-05-27 18:04 | Comments(0)

意識改革

庶民は静かに意識改革の日々です、と私には感じられます。
新しい生活の感覚を、まずは節電から始めている人が多いですよね。

昨夜は政治家のお誕生会のニュースをみて、あまりの意識の違いにポカン。
今だに避難所暮らしの国民を知ってか知らずか、一時帰宅に袋1つの荷物しか
持ち出せない人々を知ってか知らずか、49日も過ぎてまだ会えない家族の
たくさんいることを知ってか知らずか、やり切れない思いや、怒りに震えた人が
たくさんいると思います。もう黙っているのは、そのこと事態いけないことだと
感じ始めました。

政治的にも組織的にも動けないし、強くもないけれど、「嫌だ」ということ。
もう原発を知らぬ間に容認して今までのようには、いたくないし、
犠牲になって頑張らざるを得ない人々に、あわす顔を持つこと。

静にそれぞれの心の中で進んでいるように感じます。
[PR]
by session-house | 2011-05-26 19:18 | Comments(0)

ダンスの楽しみ

UDCアフターズは、セッションハウスで育った大学生ダンサー達の集まりで
命名者は良平氏。今年で10回目を迎えた現役大学生の集まりがUDC。
1年に1回全国から集まり自主運営、サポートするのが我らスタッフ。

青春のダンスに毎年巻き込まれ、10年。すごい熱を発している彼らは卒業後は
大学別ではなく集まり、踊り続け、仲良く、その1期生から10期生まで6グループ
総勢22人が魅せる今週末公演、いいダンスが揃います。

20年ここでダンスを見続け、サポートして、知る楽しさがあります。
持続することで感じる変化、見える成長、定点観測の楽しさです。
追っかけと同じですね。

6組選んだ狙いがぴたりと当たり、ウハウハ。
1組ずつに丁寧にアドバイスする良平氏は大学ダンスの先輩。
ダメだしノートを手元に、ほんとにいいアドバイスをします。
やさしいし、的確。「いいねえ」と本気でほめながら、注意点を伝えます。
先輩から後輩へ引き継がれるそうした空気に、私はしびれます。

私の現役時代はもっと閉鎖的で、各団体ごと自分達だけがいい!だった。
良平氏が「疲れるでしょう、毎回こんなオンネンをみて」とスタッフをねぎらって
くれていましたが、正にオンネンとも言うべき真剣さ。明るいオンネンですが、
踊る必然に挑むダンサー達の一生懸命さはただ事ではありません。

ダンスに打ち込む彼らの熱は、もはや個人のものではない気がします。
ちょっと光るダンスで心和むのは、節電の中でいい楽しみになると
ダンスする我ら、みんなで発信しましょう。

マドモアゼル・シネマの麻衣ちゃんが「ハポネンズ」という、和光のみんなと
作ったグループで作品を出しています。おもしろカッコイイダンスです。
昨夜はズボンも破けるほどの熱演で笑わせました。本番はズボンは破れては
困りますが、気合いの入ったダンスをお見せするはず、是非みて下さい。
[PR]
by session-house | 2011-05-25 20:24 | Comments(1)

5ヶ月ぶりのすっきり

頭がグジャグジャで、きれいになるとか、おしゃれするとかいう感覚が
鈍ってしまった2ヶ月。お天気につられやっとカットに行く気持ちに。
文字どうりの山姥はみるほうがつらかったらしい。

美容院の若者たちはボランティアで避難所のみなさんのカットして
喜ばれているそうです。いい話で聞くほうも嬉しい。
手に職のある人のできることは具体的でいいですね。

すっきり頭でプレスリリースの発送までこぎつけ、気持ちもsっきり。

原発関係の報道も本質に迫る良いものが放映されています。2ヶ月が過ぎ
考える余裕の出てきた人から真剣に考え始めなければ、と、若者の行動に
触れ、新たな覚悟も出てきます。すっきり頭の効用でしょう。

夜はクラスです。もうひと頑張り!敬子さんはそろそろ帰宅準備、お疲れ様でした。
[PR]
by session-house | 2011-05-19 18:07 | Comments(0)

制作の仕事

制作が欲しい、欲しいといい続けて20年。会社で言うと営業ですね。
コレが苦手で苦手で、、、、今でも苦手で、、、、
小さな仕事なので、何とかやれてきているけれど、私がやり手だったら
ダンサーはもっと楽になっているだろうなと、思います。

今3つの企画の広報を初めていますが、全部性格が違う企画で、面白い!
ともちろん私は思います。われながら、、です。いつものように。
人が言ってくれて初めて「面白い!」なんだとわかっているけど、言ってくれない
なら自分で言うよのパターン、、、、、遺憾です。いかんです。イカンです。

チラシをみても面白い!し。ダンスそのものがマイナーなんだといわれると、
打つ手がなくなるし、しかし震災後感じるダンスする人の誠実さや、真面目さ、に
、ほっとするものがあり、ダンスで気持ちが助かる人のいることを実感します。

「からだは人の本です。その人の歴史が書かれた本、それがからだです。」
東京タンゴの中のジャンさんの言葉です。

苦手も抱えながらの珍道中、今日も美穂ちゃんと敬子さんと3人6脚、全力疾走。
孝さんは、いつものようにわが道を行き、
私はもう少し働きますが、今日も皆さんもご苦労様。
[PR]
by session-house | 2011-05-18 19:38 | Comments(0)

気功で復活

蘇先生の気功治療、今日は痛かった!
理由なく痛いことはありませんと、涼しい声。何の理由か知らないが
自分のからだの中にあんな痛いポイントがあるなんて、、とほほ。
終わると意識がとんでいて、ふにゃららと帰ってきたのであります。

ナオチャンも帰ってきたし、マドも全力疾走、しなくては、です。

とここで1時間たってしまいました。映像の瀧島さんが納品に来ておしゃべりに
花開き、9時。Dゾーンの三浦かおりちゃんの下見です。
何を書きたかったも忘れ、中途半端ではありますが、本日は終了。
今日も皆さんお疲れ様でした。
[PR]
by session-house | 2011-05-17 21:02 | Comments(1)

夢なら覚めて、

誰もが思う今の日本。昨夜のETV特集、みた方も多いと思いますが
みんなにみて欲しい。

放射能の見えない恐怖と、今現実に福島でおきていることへの認知。
目を見開き、知り、考え、助け合うこと。

口きけぬ動物達の悲惨に胸ふさがれます。

今日もそんなことを思いながらも、とても事務仕事に精出しました。

アフリカから帰ったナオチャンが今事務所に顔出しました。
黒くやせてにかにかと、笑っています。
良かったよ、かえってきてくれて、ではクラスに行ってまいります。
[PR]
by session-house | 2011-05-16 19:10 | Comments(0)