創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

20周年のメインイベント、セッションハウス20年の蓄積”ダンスのソフト”で
組み立てた「からだ大学」みんなでプロジェクトは、大きな成果をそれぞれが
得、ささやかながら大成功、といえるでしょう。

昨日の「みんなでショーウイング」は4つのプログラムがダンスの魅力を
個性的に伝える、刺激的なものになったようです。
3つのダンスゼミの発表と、講師ふたりのインプロでつくる、ダンスの場は
笑ったり、和んだり、緊張したり、見入ったり、感情の揺れ幅の大きな時間を
過ごせ、観客の皆さんも笑顔。

出演者も17歳から66歳までとこれもすごい幅だし、みるほうも2歳から
70歳以上の方までお出でいただき「みんなで」のコンセプトどうり。
作品内容も、外に開かれた物ばかりで、これもコンセプト達成!

それでもささやかな大成功と素直でないのは、悔しさから。
トークゼミも3つ共にもっともっと聞いてもらいたいと本気で思ったし、
昨日ももっとたくさんの人にみてもらいたかった。

誇るべきダンスのソフトを手にしながら、広報が弱いという最大の欠点。
学校で始まるダンス教育にとって、アイディアの宝庫だし、実践結果も
その場でみれるし、このダンスのソフトを埋もれさせておくのはもったいない。

20年の体験を、「みんなで」役立て
「ダンスでつなぐからだの未来」をつくろうと、クタクタ、ワクワク、な私です。

参加のみんなありがとう。みてくれた皆さんありがとう。
そしてお願いが1つ。このところの特徴ですが一人でお出での方が増えました。
決して寂しい思いはさせませんが、良かったら誰かお誘いくだされば
嬉しいのです。楽しさを誰かに伝えるのも、ダンスを応援し始めた縁者の
役かなと友達、家族、知り合い一人の誘い込み、お願いいたします。
[PR]
by session-house | 2011-07-31 15:49

自然と宇宙

笠井さんの恐るべきからだの本を読んでいます。
ダンスする人が体感し、学び、思考するからだの話し。
厚さが5センチ位の立派な本!の中身が全部からだのこと!!!

面白いです。

まだ自分の言葉に翻訳できていないので、言葉に出来ないけれど、
ダンス界に尊敬できる先輩を持てたことが嬉しいのです。

とブログに没頭しようとしていたのに、本日の仕事がまだ終わって
いませんようで、資料を手渡されました。ガツン、、、、

では宇宙の話はまたいつか。レッスンとリハも頑張りますううう
[PR]
by session-house | 2011-07-28 17:36

めくるめく夏の日々!

ふれ幅が大きいというか、やることの範囲が広いというか、、、
いやはやな日々を過ごしておりました。

トークゼミは三者三様、有意義と一言で済まされない濃いものでした。
外部、内部のブログに書かれているのを参考にしてください。
ダンスゼミもそれぞれに成果を上げ、30日に作品発表。
高校生から66歳までが出演の、これもすごいことですよ。
こんないろいろな楽しみ方や、方法のあるダンス、接して下さい。

なでしこの選手達も、サッカーというスポーツの門戸を広げるために、
苦しさも乗り越えていたように、ダンスの裾野を広げ、そのことで生活
出来る環境を作るのが、目標。

まだまだ生活できるレベルにないわれわれのダンスは、純粋さを保ち
個人の夢が繋がりあう素敵なものでもあります、がしかし、勝山さんが
トークゼミで語ったように30を過ぎる頃から、寂しい気持ちになるのも
当然あるし、やはりからだ大学でたくさんの示唆を受けたわれらは目標に
向かって進みましょう。

からだ大学、ステップアップ公演、椎名誠展を機のペンキ塗り。21フェスの
申込受付、椎名さんの4回連発トークの受付、その合間にというか
メインというか、「東京タンゴ」のリハ、「ラジオ体操をダンスする」の
照明下見。体調管理のために気功となんだかご飯を食べるのも
忘れそうな、、、、そうそう忘れてはならない20周年冊子の準備も
ありました。自分のご飯は店屋物続きながら、何とか食べたのに、
不覚にも、水撒きを忘れました。先ほど恨めしそうな植物郡と目があい、
わあーー。日も落ちてきたので水遣りしてきます。
[PR]
by session-house | 2011-07-27 18:26

ほっと一息

涼しい日が続き、からだも建物もほてりがとれホッ。

しかし仕事は燃え上がり、バタバタ。
20年間の奇跡をまとめるのはこりゃ大変!と嘆いていたら、
神楽坂はさすがです。100年目の記録誌が出され、敬服。

龍公亭という坂下の中華料理店の「龍公亭物語り」。
お嬢さんが学生時代、セッションハウスにインターンにきてくれたご縁も
ある、神楽坂の老舗ですが100年信用を保ち続けたご努力に拍手!

龍公亭の話をしながら、ただ今は五十番の肉まんを食べ、おなかいっぱい!

そして20周年の写真セレクト作業にまた突入します。

振り返るということは先に進む模索でもあるなと感じます。
欠点だらけの企画がさらされ、次世代の力を切望、ダンスの新しい切り口が
作品にも、企画にも必要なときだと実感します。

さあ一息ついたしまた頑張りましょう。
[PR]
by session-house | 2011-07-22 16:44

大和なでしこ

なでしこジャッパンの快挙に母も妹も私も涙!
私たち日本の女子みんなが一番になったような爽快感、ですね。

元気の出た私は今、めちゃくちゃな混乱の中をズンガズンガ進行中。
からだ大学、近藤良平ダンスゼミ参加17作品のクリエーションをじっくり見学、
ホールインワン賞を見届け、翌日は田中大使の、文化で国を繋ぐ話に刺激を
受け、同時に「東京タンゴ」「ラジオ体操をダンスする」に思いをはせ、リハの
進行を考え、そしてもう1つヨーロッパツアーの準備も今たけなわ!
文化庁との連絡、現地との細かい打ち合わせと昼夜を問わずひた走り、、、

そしてなんと20周年の記念誌作成の写真選びに突入!!!
ビックリマークをいくつもつけたいほど、1997年に始めたシアター21フェスの
参加者をみるだけで、なんと!なんと!あの人もこの人も出ています!

ノンセレクトのすごさ。まだネットもない時代に場を求める人はみんな情報を
求めて探り当てていたのですね。
なでしこの選手もサッカーの環境がよくなることをのぞんで、みんながんばって
いると聞き、まさににダンサーも同じ!働きながら踊り、切磋琢磨しています。

トークゼミで田中大使が始めてマドモアゼル・シネマをみたときの感想を
「日本の文化」として受け止めたと話され、嬉しさに胸ジンジン!

今日はKENTARO!!の紹介文も書いたのでビックリマークだらけの日に
なりました。大和なでしこの仲間達うれしいね。
[PR]
by session-house | 2011-07-20 22:53
帽子つくりから始まった「ラジオ体操をダンスする」は4教科合同授業の
楽しさ。真剣につくった帽子のできばえがみんなを乗せました。
創作意欲にみちた人たちのパワーで見事にダンスが生まれ、楽しい
夏休みのような、懐かしい時間を遊びました!

30日にはダンス作品としてパワーアップ、お披露目しますからみて下さい。

からだ大学はすごいパワフルにこの暑さの中を進撃。
熱中症で倒れる人も多いらしく、キャンセルの電話もいくつかありますが、
気持ちだけでは乗り切れないのがからだです。
無理なときは休み、ゆるゆるが一番。
パワフルにゆるゆる、相容れないようで大切な二つ。
からだと心が一致する感覚をつかむのにもダンスはいいのですよ。

さて今日の講師は良平氏。連日テレビや地方や大活躍。
2児のお父さんになって、もっと緩やかに良い感じです。
明日は田中大使。見識の深い田中さんのお話の面白さ、涼みがてら
おいでください。お茶の時間用に美味しいディップを博子さんが用意、
知ってる人には逃せない美味しさ!がまっていますよ。
[PR]
by session-house | 2011-07-17 14:01

ダンサー達は意気軒昂

「ダンスで国を作ります。国は形がありません。身体が寄り添いつくる国」
昨夜の笠井叡ゼミのしめの言葉です。
政治的なことではなく、自分の住む国を身体で(中から)つくるという言葉に
「やるっきゃない!!!」と若いダンサーは燃えます。

震災後、踊る自分を見つめてきたダンサー達はそれぞれに考えます。
長い時間のかかる作業に乗り組み、漕ぎ出す、生活者としての営み。
笠井さんの言葉はみんなに刺さりました。

私も今から「ラジオ体操をダンスする。」に突進します。
くにさんのそろえた帽子の材料は素敵で、マドショップでも販売しますが、
今日は家庭科の時間でまず帽子作成。つるまきさんの作曲で音楽の時間。
マドモアゼル・シネマの体育の時間と3クラスの合同力でダンスに仕上げます。

では、最後の準備!くにさんは後ろで熱中、私もよいしょ!
[PR]
by session-house | 2011-07-16 13:42

今夜はラジオ体操

つるまきさん、くにさんを迎えて今夜はラジオ体操打ち合わせ。
帽子の材料も音楽もそろい、後はからだ!
参加の皆さんの記憶を形にする作業です。
何が飛び出してくるやら、わくわく。

暑さでまいった頭で、自分の記憶を引き出します。
はるか昔の物語になってしまい、頭の中はせみの鳴き声が響きます。

神楽坂は以前赤城神社に大きな木がたくさんあり、蝉も爆音。
イスラエルから来ていたダンサーがあのストロングなやつはナンダと
驚き、実際の蝉をみて、こいつがあんな大きな鳴き声を出すのか、と
目を丸くしていたけど、イスラエルには蝉はいないのかね。

赤城の森が消え、もう蝉も鳴かなくなりました。

鶴巻さんの音楽にも蝉の曲があります。日本の原風景の1つですね。
記憶の蝉を鳴かせ、今夜は元気よくラジオ体操を致します。
[PR]
by session-house | 2011-07-14 17:44
脱原発への方向性を語る管総理の記者会見に、あれほどの犠牲を
強いて今なお収束できない現実を抱えながらも、語るまでに4ヶ月も
かかるのだなと、遠い思いで聞きました。
どんなに強く廃止を願ってもすぐには廃炉にすら出来ない事実を
私たちは知りました。

リスクの大きさに驚き、政治的にではなく、生活者としての実感から
脱原発を願っている人がたくさんいます。

直接に被害にあった人はもちろん、大きな影響を受けていると
ここ日本にに住む人なら、重く感じていますよね。

依存度を少なくする社会をどうつくるのか、みんなで考えたいよ。
若者にも、年をとった人にも笑顔のある社会がいいなあ。
仕事があって、持てる力を使って、人の役にたって、家族がいる、そんな
普通のこと、、、、、そのために残る力をつかいたいな。

ダンスを通して出来ること、もっと直接的なこと、もう知らなかったでは
済ませない日本人の一人としての責務、あるよなあ。
[PR]
by session-house | 2011-07-13 19:33

赤いソックス

「ラジオ体操をダンスする」のための赤いソックスを買いました。
無印にもなくて、赤は以外に少なくてびっくり。いつもの色ではないので
それだけでちょっと逸脱気分。

暑さの夏にも、今年は気合いが入ります。冷房も考えながら、照明も
チェックしながら、水分はこまめにと、過ごします。
さすがに今日の暑さにクラスも少人数。ここぞとばかり個人指導に
入ります。レッスンは気を抜かず、平等に、集中して行ないますが、
少ないときは別。ものすごくしつこいクラスになります。
来た人は得したといってくれるけど、迷惑かもね。

赤いソックスで気分も高揚。週末はダンスの醍醐味を楽しめるよう、
集中します。今日は笠井さんのトークゼミ用の映像を瀧島さんが作成、
仕上がりを確認しながらみましたが、言葉では言い尽くせない、、、
見にきてください。呼吸とオイリュトミーのシステムから繰り出される動きは
自由で、しかし抑制がきき、驚くばかりです。
私より二つ年上!あの自在な身体は宝ですね。

赤いソックス軍団も、呼吸と音楽と帽子で自在な時間を手にしたいものです。

11日ごとの「ちりつも作戦」スタッフブログに詳細。4ヶ月が長いのか、
短いのか、容赦なく被災地にも照りつける太陽に、許してよと
つぶやいてしまいます。
[PR]
by session-house | 2011-07-12 20:19