創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

あわただしく日々過ぎて

じっくりと何かに集中、とはなかなかいかない。
日々何かがおきて対応して、その中でふっと自分の振付と
向き合う。若手の作品を見るのは刺激的、私には出来ないことを
皆はやる!あの若さで、、、

ソロ公演をやると覚悟に満ちた顔のダンサーと話し合う。
近いソロ公演のリハに励むダンサーとスタジオですれ違う。
20代で、だよ、、
私の20代なんて、場末で踊り、舞台芸術の存在すら知らなかった、、
26歳でモダンダンスに出会い、なんだかんだで40年超えた、、、

カンパニーを作って群舞もいいのを創り始めたいまどきの振付家たち、
後は環境!いいものを皆で後押しして、観客を増やす!
ダンスは面白いことをもっと分かってもらえるためには、
面白いものをまずは私たちが面白いっていわないとね、
[PR]
by session-house | 2013-06-25 19:17 | Comments(0)

ダンスを創る

余裕のあるときは一番好きな時間!だと人にもいう。

切羽詰ると好きどころではない、、ダンスってなんだっけ、と

毎回繰り返すダンスを作る行為、作業中に必ず訪れる地獄、

昨日の初通しでドカンときた。
出発まで1ヶ月、いつもより早い仕上がりがまだ幸い、
間にあわせる!と自分と約束。

思いはこんなにあるのに、表に見えるのは、昨日の現実。
音楽のこと、間のこと、関係性、空間のこと、
デハケのタイミングをもっと考えよう。

しなければならないことだらけ。

今回は少人数とは言え7人もの人を巻き込み道連れの旅。
私もサッカーの選手同様、勝負に行きます。
といってもダンス、勝ち負けはないし、誰とも競わないし、
それでもこんなにも燃えてしまうのは、
やはり昔伯父が笑っていた「なおこのバカおどい」、
自分で踊らないだけたちが悪い。
ダンサーはノンストップの50分、ダメだといわれちゃ立つ瀬がない。

ダンサーの仕事は時間が解決してくれると思うが、
私は何かを超えなきゃならない、、
何かがなんだか分からないのが今日現在。
[PR]
by session-house | 2013-06-18 19:25 | Comments(0)

専用パソコン

初めての専用パソコン。
おさがり、サイズはミニ。かわいい、けれど書きにくい、、

これでこれから企画書も書かなくてはいけないが、
ちんまりとならないか、ちょっと心配。

現在アヴィニョンに向けて集中。リハはうまくいったり、どんずまったり、
新鮮な感覚をつかみたく、試行錯誤しています。

7月8日月曜日、21時から公開リハします。
クラスとハニカムの皆様に見ていただこうと思います。
時間のある方は是非応援に来てください。

目指すものはくっきりとしてきたので、ダンサーたちとがんばります。

留守中のクラスは月曜は伊藤マヤ、火曜日は大島なおと留守番組が
代講。木曜、金曜は大田ゆかりさんが特別枠のワークショップを開催、
新しい体験もしてみてください。

初めての自分専用初ブログ。うれしい、がしかし、
豆のような字で、これは慣れるまで大変、、、いや、

が、次のおさがりは大き目をお願いしたい、ものです。
[PR]
by session-house | 2013-06-14 21:05 | Comments(0)

目が見える

何十年ぶりに裸眼で過ごす。快適。
やっと顔も洗え、やれやれ。

文庫本も良く見え、電車の中も快適。

見るのが仕事なんだからと、照明の関根さんに怒られて
目医者に。

思いもかけない網膜はく離、いきなりの手術から始まって
今回の白内障手術まで、約1年近く。

よく見るにはやはりメガネが必要だけれど、日常は裸眼で十分。

白内障で悩んでいる人は手術おススメします。

緑内障には気功の目の体操は効果があると蘇先生。
熱いタオルでの温湿布も効果あるそうです。

若いときには想像もつかないからだの変化、
いやはや、げんなりせずに付き合っていかねば!
[PR]
by session-house | 2013-06-11 20:31 | Comments(0)

もう6月

5月のダンス学校で一休みの公演活動、今週末からまた休みなく。

マドモアゼル・シネマも7月16日の出発を控え、大車輪でリハ中。
手ごたえあり、です。
行く前にハニカムの皆さんに公開リハの予定。
丸い劇場での公演なので、リハも毎回サークルを作るところから。

福島の仮設住宅の皆さんが作られたぬいぐるみも大きな役割で出演。

5月のワークショップで福島からわざわざ受講いただいた方がいて、
ぬいぐるみを使ってのクリエーションを行ないました。
その時の皆と彼女の作業でぬいぐるみには何かが吹き込まれた感じがして
「この子はアヴィニョンに連れて行こう」と決心、出演のシーンを考えました。

おばあちゃんの作ったぬいぐるみは、誰にもまね出来ないぶさいくさで、
本当にかわいいのです。9月公演のチラシに堂々の顔見世、お楽しみに。

5月の皆さんありがとう。
6月には渡辺一枝さんの「福島の声をきこう」が30日2時(2階ギャラリー)で
あります。おばあちゃん達のぬいぐるみがまたやってきます。
あいに来て下さい。また布や毛糸や手芸用品の不要なものがあれば
是非、寄付して下さい。おばあちゃんたちが全力で世界に届ける「大使」を
作ってくれます。
この大使たちは大きな役割を果たすのではと、私は思います。
[PR]
by session-house | 2013-06-06 17:21 | Comments(0)

3泊4日、初めての一人旅

この年になって初めての体験、は、やはり幸運。
無事昨日帰宅。

見えるようになった目、生まれ変わったように新鮮。
さあ、見過ごしてきたあれこれをこれからはキラリ、ギラリ。

新しい自分にまだ折り合いがつかず、仕事に戻れない。
急に晴れたもや、きっと振付も変わる予感。

ハニカムのみなさまから、ハニカムをいただいた上に
ありがたいお便りまで頂いて。

お返しするために生まれ変わったんだと思う。
もやの中の2年間、いろんなことがあって、
終わりよければ全てよし!といえるよう、アヴィニョンに集中。

笠井叡さんに教わった、意識の覚醒、無駄にしない。

病院のベッドで編み出したベッドストレッチ、実用化を考えよう、かな。
[PR]
by session-house | 2013-06-02 14:49 | Comments(0)