創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヒラメサーファーをみた

和歌山県立近代美術館で開催されている
「夏休みの美術館4 生きている!」展で見た陶器の作品。

「生きている」作品展とリンクしてダンスワークショップをと、
秋の和歌山公演を主催してくださるwacssの井上さんから
お話をいただいてダンサーの美紀ちゃん、たまちゃんと和歌山へ。

そこで見たのがヒラメサーファー!9センチ程度の陶器作品。
極小の立体、彫刻、油絵、写真などが「生きている」をテーマに
集められ、とそこまでは、当たり前の光景ですが、

驚いたのは、たくさんの作品全部に4行詩のような、見るヒントと
いうか作品背景というか言葉が、しかも見やすく展示されていて、
それだけでも十分に楽しめる工夫と思っていましたら、

子供たちがぞろぞろとなにやら熱心に見たり、話し合ったり、
座り込んで何か書き込んでいたりと、まるでヨーロッパの
美術館のようなオープンな雰囲気、、
なんとワークシートが小、中、高と用意されているのです。

学芸員がいる美術館ならでは、と本当に感心しました。
展覧会を見て、それから身体で「生きている」を表現しようという
ワークショップには9歳から73歳までの男女が集まっていて、
もうそれだけで「生きている」そのものです。

今日のダンスクラスで、皆とダンスにも学芸員がいるともっと理解が
深まるねと話し合いました。分からないといわれるダンスを
分かってもらうための工夫、作品の外側の作業をする学芸員、
批評家とも違う、制作とも違う、ダンス学芸員ってありだねと、
盛り上がったのでした。
[PR]
by session-house | 2014-07-29 20:49 | Comments(0)
東京物語、皆様おいで頂きありがとうございました。
あたたかい拍手をたくさん頂き、ダンサーの体と心への
何よりの薬でした。終わってみればあざだらけ!のダンサー15人、
それぞれに素敵で”女子はずるい”と言ってもらえ、満足。

気持ちのいい舞台になりました。生き辛い東京が題材なのに、
やっぱり住んでいる場所への愛情や感謝があるものです。

当日のアンケートや、遅れて届けられるアンケートの言葉で、
創作中悩んでいたことが伝わっていて、一緒に考え、想像して
貰ったんだなと、なんだか、報われる感じで幸せです。

今朝起きたら、”「東京物語」の混沌の中にある物語をもっとクリアに
するにはソロだね”という、声が聞こえてきて、すごく納得。
15人で創った混沌の東京の風景は、次が見えてくる力を持って
いたのでしょう。ダンサー達の次への欲なのか、私の欲なのか、
不思議な朝の目覚めでした。

女子の欲から始まった東京物語、60代最後の新作創作作業、
おかげさまで無事に終わりました。全ての関係者に
f0230391_14265689.jpg
感謝しています。
[PR]
by session-house | 2014-07-23 14:27 | Comments(0)

変則的本番を控えて

マドモアゼル・シネマは日曜日、月曜日が公演日、です。
土曜日はDzone公演、若手デュオ。これがなんかいい感じなんです。
笑顔に釣り込まれてついつい笑い、気を許してしまう、
不思議なダンスです。観てみて下さい。

我々はまだ皆が固くて笑顔がすくない、、、とほほ
15人が集まって作り新作は珍しいですから、私は気合が入りました。
”レパートリー作品をもう一度考える”が、ワークショップの定番。
全くの新作はワークショップではこれで2度目。

東京というテーマは頭痛がしたけれど、今生活しているその場所を
思考するのはいい体験でした。
こうやってリハを2日間止めて、乗りうちの本番!
前日時間をかけての照明あわせなし、ゲネ、本番と経験したことのない
タイムスケジュール!言い訳なしで舞台仕上げます。

明日はDの高橋くんの舞台で笑い、気持ちよく過ごし、明後日は、
マドの東京で皆さんに気持ちよく過ごしてもらいます。
[PR]
by session-house | 2014-07-18 21:44 | Comments(0)

写真の力

しゃしんと打って変換すると毎回”捨身”と出るこのパソコン、、
ダンサーにそっくり。

山之上雅信さんの写真展がセッションハウスギャラリーで今日から
始まりました。マドモアゼル・シネマと大方斐紗子さんの舞台写真が
さんがズラリと並ぶ会場に、圧倒される思い。

自分が振付けしている作品がほとんどだから、言いづらいが、
写真から飛び出してくるようなエネルギーが充満しています。
捨身と写真が合体して、明るい気が飛び出して、ヤバイ。

ここはわたしも若者言葉で、ほんと、ヤバイ!

鹿児島在住の妹も写真を撮っていますが、南日本新聞社の
写真コンテストで今年は優秀賞を頂きましたが、モデルは”マド”
上京してはマドの舞台を撮ってくれます。

フランスのジャンさんも含め、好きで撮ってくださる写真家皆さんの
力で、ダンスはまた違う一面を得ることが出来ます。
もはや、作品を離れて、捨て身のダンサーのエネルギーと、
それぞれの写真家の思いが生み出す一枚の写真!ヤバイです。

プロではない孝さんがとり続ける記録写真は皆が愛だといいますが、
プロの皆さんの写真は愛だけではない語りかけがあります。
週末も展覧会は開催していますから、ライブを見て写真を見て
楽しんでいただけますよう。

ここまで何回捨身と打ったか、必ず捨身になる頑固なパソコン、
学習しないところはわたし似、だね。
[PR]
by session-house | 2014-07-16 19:56 | Comments(0)
20数年、若いダンサー達と作り続けて、何作目となるんだろう。
いよいよ今週末、しかも変則で日曜日と祭日の月曜日。
はじめての当日のりうち。と言っても小屋付きの集団、慣れているから
リスクは小さいでしょう。しかしなれない大人数、15人がひしめき合います。
圧巻になるか、うるさいになるか,圧巻目指して今週は引き締めます。

今読んでいる本が面白い。東京を題材にしたので裏打ちが欲しく、
関係書をいろいろとあさり読んでいると、いつもの読書傾向と違い、
心情的ではないところがいい。
その上で心情が伝わるよう、ダンスならではの感覚をさがしています。

病的でポップな原田先生の衣裳に対応するマドダンス、
未来を志向するノスタルジア、と創作のコンセプトを掲げてきたが、
もっと具体的な作業でありたいとずっと考え続けてきた。

東京、東京と寝てもさめても東京と考えていたら、自分の中ですっきりと
してきたことがあって、自分の中で納得。
「現代の郷土芸能!」をつくりたいが私の望みです。
ふるさとを離れて暮らす私ですが、まだふるさとはあり、だけれどももう
そこで暮らすことはかなわないのだなと、思います。

共通の祭りも持たない我々が踊る郷土芸能、
昔の祭りの夜のような少し胸弾む非日常、出現できるよう、
お楽しみいただけるよう、もう少しがんばります。
[PR]
by session-house | 2014-07-14 15:28 | Comments(0)
申込締切が7月31日と近づいていますが、詳細をHPに
近日中にアップします。ジャンルも年齢も制限なし、ですね。

私も多分その時韓国に行ってみると思います。
今年は8月にマドモアゼル・シネマの初のアジア公演で韓国へ。
昨年から日韓デュオフェスが始まったりと、アジアとの連携が
始まりました。

ネパール公演が、出発1週間前に中止になったあれから10年かなあ、
世界は今も不安定なまま、日本は思いもしなかった状況ですし、

アジアと繋がる縁をダンサー達がつなぐのも大事なことだと思います。
11月後半のフェスティバル、参加費がかかりますが、
行って初めて分かる事もあるでしょう。

私は昨年思い切ってアヴィニョン演劇祭に行きましたが、行って
良かったと思います。成果を問われると、形として示すのは難しいけれど、
自分の中の大きな成果が今も豊かに育っていくような、
世界と繋がれるのはコンテンポラリーダンスの醍醐味のひとつ、ね。
[PR]
by session-house | 2014-07-10 18:00 | Comments(0)
それでもまた日は昇る、のかなあ。
ブラジルショック、、、日本のショックが小さく思えます。
サッカーのこの独特な後遺症は何なんだろう、、

さて気持ちを切り替えて、
本日原田先生とみち子さんの女子美協力軍団がどっさりと
衣裳を抱えて登場。15着の新作がずらりと並べられました。
圧巻の衣裳!病んだ東京とポップな東京を併せ持つ、原田ワールド。
染めのみち子さんが加わって、一段とワイルド。
明日衣裳合わせ。音楽が後1,2箇所納得できない。
東京という題材に、頭抱えた3ヶ月。

結論は、当日ダンスで。マドモアゼル・シネマ是非ご覧下さい。

サッカーだけではなく本当にいろんなことがあった今日この頃、
ダンサー達の心意気に励まされ、先への一歩が進めます。
秋開催のダンスブリッジインターナショナルはまさに内外のダンサーの
心意気で開催できることになりました。

チラシ、印刷入稿しました。
皆様のご協力が必要です。チラシを見て心意気が通じたら是非是非、
観たり、伝えたり、手伝ったり、協力お願い致します。
[PR]
by session-house | 2014-07-09 19:17 | Comments(0)

集団的自衛権行使容認

決定の今日、新聞にふるさとの記事を見つけた。
静寂の慰霊地「万世」、と。

わたしの生まれた南薩摩にある万世という町は、
特攻隊の基地があったところです。
有名な知覧の基地からも近いのですが201人の若者がここから
飛び立ったそうです。

わたしは終戦の年に生まれましたから直接には戦争は知りません。
いとこたちは特攻隊のお兄さんと話したりしていたようです。
明日飛び立つというお兄さんに飼っていたウサギを欲しいと頼まれあげたり、
人形が欲しいといわれ、親に隠れてそっとあげたり、したそうです。
子ども達とふれあい、最後に生き物や人形と共に旅立った、若者たち。

その万世は今は過疎化も進み、子ども達の声が響いていた村の賑わいは
ありません。すっかり変わったふるさとの今、そして今日また国の形までも
かえようとする日本。

子どもの頃授業で習って忘れられないのは「日本はもう戦争をしません」
という先生の言葉。安心した子どものときの心、忘れません。
[PR]
by session-house | 2014-07-01 19:58 | Comments(0)