創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2016年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

今年もリンゴ企画[神楽坂とさか計画」の時期となり、ちょこちょことリハーサルをのぞきます。20数年見続けて、一度も大声出さない、怒らない、焦らない、押し付けない、いやなこと言わない、いやなことしない、と言ってすごく善人な感じではない、、、オオカミぽかったり、へんぽかったり、素敵っぽかったり、のいい人です!
ダンスの枠に収まらない作風そのままと感じます。学んできて経験を積んで、若い時よりうんと知識も技も増えただろうに、威張らない。20数年同じ!ダンスだけではなく人となりも自由なたぐいまれなる不思議才能。

今度の土日、音楽のダンス化という良平さんにしかできない方法で、ダンスを見せてくれます。
相棒はピアニストの廣澤麻美さん。もう音楽の知識が体中に詰まっていて、お話を聞きながら音楽を聴くと、あら不思議!ものすごく楽しく音楽が入ってきます。音の粒粒まで振付ける繊細さと、ズバッと解釈したシーンに仕上げる大胆さを併せ持つ良平マジックとあいまって、何ともいいコンビです。

ダンサーたちは大変です。緻密なのに、上手そうに見えるふりでは一切ありませんが、下手では務まらないうえに芝居もあります。ヒーヒーキャーキャー言いながら挑戦の毎日です。

今週末、ぜひ楽しんでください。ダンスが嫌いな人も、クラシック音楽が嫌いな人も、瞬く間に虜になる不思議ワールド、ご予約はまだどの回も大丈夫ですが、できればゆっくりご覧いただける土曜19時、日曜17時、お待ちしています。
[PR]
by session-house | 2016-01-14 14:23
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

怒涛の年末から一夜明けると嘘のような穏やかなお正月。1年に1回のこの特別な感じの時間を母と妹のお料理で過ごします。何もせず、何も考えず、食べて、飲んで、笑って、車に乗せてもらって、故郷の風景を堪能します。いつもと同じお正月。91歳の母が「何も変わらないお正月ができて良かった」とメールをくれました。

そして戻った東京。毎日が変化します。昨夜は今年最初の公演「ダンス花」の下見!幸先の良い勢いのあるダンスに、まだ正月頭でよれれの私も何度か熱が上がりました。男のバカさ満載、哀愁もあり、笑いもあり、今年の目標「ダンスの楽しさを社会に普及」を最初から突破できるレベル!かな。まずは観てもらいたいです。観る文化を作りましょう。

ブルガリアの田舎町で公演した時、誰が観に来るのだろうと心配で劇場の外バルコニーから通りを眺めていたら、ぞろぞろと文字通り老若男女が集まってきました。満員の大劇場でワイワイといいのわるいの言いながら楽しむ様子に、根付いた観る文化を感じました。日本の昔もその文化はあったと祖母たちに聞きましたから、できないことはないでしょう。努力が足りないと反省しています。日々の忙しさに追われているのが、言い訳の理由。

今年は始まったばかり。今日だけは反省も言い訳もなしに1年を考えてみます。まずは今回で最後の東工大の授業を頑張ってきます。ダンサーとでは作れない新鮮な未来を夢見る作業は私にとってかけがえのない経験です。

おみくじも久しぶりの大吉。今年もセッションハウスのダンスをよろしくお願いいたします。
[PR]
by session-house | 2016-01-06 13:06