創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

おめでとう!と新年を祝い、大吉で喜んだ今年だけれど、まだ去年が続いています。助成事業は3月までが年度末。企画は全部終了して今は報告書作成にねじり鉢巻き。この企画の成果は、と書きながら、ダンサーと研究者、双方からダンスに取り組んだこと!!!とホクホク確信しているところ。どんなこともいろんな立場の人がいて、あーだこーだと話し合いながら進むのは楽しい。ダンサーも若手なら研究者も若手、かわいくも頼もしい限りです。この報告が終わったら新年度に完全移行!。待たずに始まったマドモアゼル・シネマ新作振付、昨日からはDzoneと今年も待ったなしでことは進んでいて、少しめまい。
12月までの予定はほぼ決まり、11月と12月に3つの余裕があるのみ。何かしたい人がいたら早く相談してください。教えたい人、踊りたい人、スタッフしたい人、マドモアゼル・シネマで踊りたい人、いたらいいなと待っています。舞台の企画は先に先にと未来へ向かい、事務所ではまだ去年の整理中で、現在を実感するのは食べているときと生身のダンスを観るときと、とても非日常な毎日な感じ。そんなこんなで生活者としての力が弱ってきたような気がします。
しかし得た力もあり、何年か前には考えられない集中力で報告書などを書きます。ダンスを創るのもいつの間にかなくてはならない時間になりましたが、こうして支援をお願いしたり、報告したりも、大事なことだと納得してきました。ダンスと社会とのつながり、難しいのですが考えているとあれやこれやもやもやと、みんなであーだこーだと話します、何とかしたいと思うものの、「まだまだダンスの道は厳しくて、苦しきことのみ多かりき」と1昨日もおしゃべりに来てくれた若手がつぶやいておりました。いとつらし、、
[PR]
by session-house | 2016-02-21 14:30