創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2016年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

クリエーションのお題のようなこの言葉は秋の私の体調でした。

2週間寝込んだのは人生初めて。連絡の不備などお許しください。復活して昨日より事務所勤務。

怒涛の秋のシーズンに巻き込まれていますが、東京中ダンスにあふれているこの時期に弱小な我らのできることは何でしょう。。。

まずはわがままに自分のことだけ。マドモアゼル・シネマが10月、11月、12月と連続公演をいたします。そこでお願いです。これを全部見ていただきたい、全部がダメならきっと一つは見ていただきたいのです。なぜなら、きっといいからです。自画自賛するにはわけがあります。

一つずつ良さが違うのです!
10月は踊りこんだダンスをダンサーたちが自ら見直す作業を始め、新鮮さを得たこと、
11月は踊る人の喜びが伝わって、こちらの喜びをくれること、
12月は東京に住むダンサーが本気で東京に向き合っているリアルさ。

という様に、私が寝込んでいる間に危機感を覚えたダンサーたちががんばっていることが科学反応を起こし始めているようです。コンドルズの若手が20年前のダンスを再現する20周年を祝い、みながら、若手の自主性が確実に次世代を作ると実感しました。次世代を担うダンサーたちが試行錯誤しながら昔のレパートリーを今に蘇らす作業は、自主性にしか答えはないようです。

「赤い花白い花」まずは見てください。
そして12月までの3作品を見ていただけたら、12月にはお土産もありますから半券はきっちり取っておいてくださいませ。11月のごちそうは、これはもうすごいです。体験してください。一度きりですからこれは早めのお申込みを。パエリア、キッシュ、などなどなど!私のせい一杯の感謝です。

団体様割引ありますので、ダンサー個人、または私に直接、ご連絡ください。
電話はまだ声が出にくいので、メールやFBでお待ちしています。お会いするのが楽しみです。
[PR]
by session-house | 2016-10-12 17:50 | Comments(0)