創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

まだ2月!ダンス公演は毎週のようにあり、ダンサーたちは誠実に踊ります。もう1年間も見たような、圧倒的な質量を感じます。

セッションハウスという小さな場での定点観測ですから、偏っているとは思いますが、ダンスの変化を感じます。小劇場を活動の場としているダンサーに限るかも知れませんが、変化が形になり始めてきた感があります。

個人の体から創出されるダンスは、何でもありと言われる個人的なダンスとして、アイディアや、テーマ等、各個人の提示するモノを楽しむダンス=コンテンポラリーダンスとして人々に届いていたように思います。

ダンサーの身体が強さを増してきて、個人の提示するものが普遍性を持ってきたというのかな、
大きなテーマをダンス作品にするために特権的な身体とテクニックが必要だったモダンダンスや、そこからもっと身体性に照準を当てたポストモダン、と発想をまったくことにするコンテンポラリーダンスの身体性が実ってきたというのかな、
強度を持った体の個人性が放つ普遍性というのかな、

今年になって、心を揺さぶられるダンサーにもう何人も出会いました。
作品というより、ダンサー個人の体が発する物語、とでもいうのかな。

素朴な体が語る詩のような、彫り込んでいく彫刻のような、こんなジャンルはもっと素朴な名前で親しまれるといいな、と「コンテンポラリーダンス」というジャンル名に不自由を感じるこの頃です。


[PR]
by session-house | 2017-02-26 16:10
名物近藤良平「神楽坂とさか計画」。今年も音楽とダンスが真正面から向き合いました。一音一音、創られた音に、動きを当てていく作業は、サッカーの試合のように目的が明確で、観ている私も共に共有している感覚になります。ダンサー個々が感情をほとばしらせず、しかしゴールという同じ目的に向かう動きは熱を持ち、観る者を高揚させます。

f0230391_21402965.jpg

楽しかった!すごかった!今年もです!毎年です!それってすごくないですか!

1月は「ダンス花アワード」で若手の挑戦する熱情ある作品に高揚し、「とさか計画」で生ピアノとダンサーの疾走に高揚し、時代はますます混迷の中、ダンサーたちの体は生き抜こうと熱を出しているように感じ、私はそれに高揚します。

2月は「カトルカール」「ダンス花アドバンス」と続きます。
f0230391_21384611.jpg

ダンサーの仕事が確立されていない日本の現状の中で、どう続けるかは大きな問題です。持続可能な体と環境を作って継続してきた女子振付家たちにお願いして続けてきた「カトルカール」は11回目を迎えます。2回参加の方もいますが、ざっと44人の振付家が44作品を作ったことになります。そしてまだまだお願いしたい振付家がたくさんいるこの状況!すごいことだと私は一人感動しています。そして見てはまた感動を新たにしています。恵まれない環境の中で作り続けてきた力、まさに継続は力なりと実感します。

コンドルズ公演でも、良平さんと勝山さんの旗印は同じ”継続は力なり”でした。続けることの困難さは、才能だけでも、運だけでも、努力だけでも乗り切れないなと、近頃つくづく感じます。助けられてある道ですね、一人では困難に押しつぶされてしまいます。「カトルカール」の皆さんもきっと一人一人物語を抱えて継続してきたのだろうと思います。見てくださいと言いたいところですが、今回は売り切れ、満員御礼です。素晴らしいですね。

「ダンス花アドバンス」は是非見てください。まだまだたくさんの観てくれる方を必要としています。8組の若手が創り、踊ります。継続はまだ情熱だけで保たれていますが、持続するには、観てくださるあなたの力が必要です。ダンサーの成長は舞台で作られます。舞台に立ち会い、観る人の感情が場を作り、ダンサーがキャッチする、開かれた舞台を共に創ってくれる人が必要です。若手はまだ場を開くことに不器用でもありますから、観る側の感性で楽しんで、声をかけてください。できれば当日はヘロヘロなダンサーたちに誉め言葉を。

忘れてはならないのがノンセレクトのシアター21フェス、1月も心奪われるダンスに出会いました。ステップアップを2月に実施。これもぜひ見ていただきたいです。不穏な時代だからこそ、個人の思いを形にする作業が必要と、感じます。






[PR]
by session-house | 2017-02-01 21:41