創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

ダンスを見て欲しい

単独公演をサポートする、dゾーン。五人の若い振付家でつなぐdリレー
一つのソロと四つの群舞が終わりました。ダンス表現の多彩さと独自性のある作家が
育ってきたのだなーと、ダンスの現在を知るいい機会になりました。

体をコミュニケーション ツールにたくさんのダンサーが踊ります。そこに必要なのは
共にイメージを膨らませ楽しんでくれる人、「観客」です。

セッションハウスの客席はお尻が痛くなったり、最高の条件はそろっていないのですが
ダンサーとスタッフがともに作る現場の熱意は大劇場に負けません。
神楽坂にぶらりと来て、ふらりとセッションハウスに入り、ダンスに出会う。
海外で感じるそんな気楽さ、が夢です。

明日は21フェスの申込日、32回目のstep up。1000人を超える人の声を聞いてきました。
どんな人が電話下さるか楽しみです。
[PR]
# by session-house | 2010-03-28 12:08 | Comments(0)

金曜日は変身

ダンスクラスとしてダンサーたちが汗を流している地下スタジオは、金曜日劇場に変身。
セッションハウスのテクニカル班が午後集結、非日常空間を作ります。
照明が一灯入り、日々のざわめきが消えるその瞬間が好きです。

今日は明日のdゾーンの仕込み、ゲネプロです。

私はクラスを済ませ、我が優秀なスタッフに後はお願いして一路世田谷パブリックシアターへ
コンドルズ公演を観に行って来ました。まだ見ていない人たちのために内容は言えませんが、
『一家に一台 近藤良平」がんばる力がわいてきます。
ダンスの世界にあんなにたくさんの人を巻き込んでいるのはすばらしいことだと思います。
お年寄りから子供まで幅広いお客さんが楽しんでいる様子は、ダンスする私たちにとって
うれしい光景です。

久しぶりの外食で満足してかえってきたらスタッフみんなも仕事を終えたところでした。
真夜中までかかることも珍しくないのに、アー良かった。
明日は2階は渡辺一枝さんのトーク、地下はダンス、金曜日の変身作業無事終了。
[PR]
# by session-house | 2010-03-26 23:56 | Comments(0)

ブログ 独立

マドモアゼルシネマのマドブログでブログ初体験。そして今日ついに独立コーナーをもらいました。
ダンスの日々を伝えたいと思います。

昨夜は今週末のDzoneの下見、shoppingocartの振付け、石和田さんの作品。
丁寧にダンスの出来事を積み上げた力作。音楽のずれから動きのずれが生じ楽しいのです。

今日の昼間は富野幸緒のダンス専科作品を見せてもらいました。
ヨーロッパダンスのテクニックと幸緒ちゃんの感性が織り成すダンス、
心の叫びがつたわり、良いのです。

二組とも、振付け者もダンサーも一生懸命。形のない感覚や感情と真剣に
取り組む姿にうたれます。

私は今からクラス、その後マドのミーティング。
私もがんばってきます。夜はまだ更けません。
[PR]
# by session-house | 2010-03-25 18:36 | Comments(2)