創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

いざ本番「東京タンゴ」

地下は仕込み中で、照明、音響、舞台監督、皆大働き。
くにさんはマドショップの準備中だし、経理の敬子さんは支払いの準備に
てんてこ舞い。本番はそれぞれがその役割ごとにすごく働いていて、
なんか嬉しい。

2階は椎名さんの展示のバラシがすみ、がらんとしています。
夏の終わりの感情と、さあこれからという意気込みが交錯して、
私は手伝いもせず、こうしてブログを書いています。

嵐の前の静けさ、、、、ですね。

ピアノの調律もすんだようです。佐和子さんの久しぶりの生演奏、
はらだ先生の新しいアイディア衣裳、くにさんのいつもながらの渾身の
美術、おまけに妹明子のつくったカエルの王子。
みんなでつくる舞台の総仕上げが8時からはじまります。

初めて照明があたり、作品が変容するのは、いつでも興奮します。
リハをのぞいてくれた良平氏からいいアドバイスも届き、さあ明日に
むかいますね。
[PR]
by session-house | 2011-08-19 17:44