創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

23年度

企画は年度で動いているものが多く、やっと23年度と
別れられそう。
ながいながい23年度、何とか無事終えそう。

昨年3月の大震災、副島の原発と、大きな雨雲の中に
いるようで、気持ちが晴れないのは誰もが同じ。

難破船に乗っているような20周年も乗り越え、穏やかではない
21年目。気持ちを繋いだり、ぶちぎれたりしながら、進む日々。
それでもまだ選ぶ、選択できる日々である私達、
今日は「福島の声を聞こう」渡辺一枝さんのトークの会の申込開始、
まだまだお出でいただけます。選ぶことの出来ない福島の人の
お話、みんなで聞きましょう。

切り替わらない現実、企画の上の23年度は終わりますが、
24年度に引き継がなくてはならないこと、
考えていきたいです。

3月7日7時からトークの会、一枝さんに会いにどうぞ!
[PR]
by session-house | 2012-02-20 18:57