創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

個人の成長

こどもバレエ20年目の発表会、無事終了。
からだも成長、テクニックも伸び、子どもクラスは結果が見える!
誰と競うでもなく、それぞれの成長がみえ、いい!

瀧島さんの映像からは個人の成長と共に、バレエの持つ積み重ねの
成長が見え、やはり専門家による指導はいいなと改めて思います。

中学の体育でダンスが必修と聞くけれど、からだの使い方は反復練習
だけではなく、脳と筋肉の連動で可能になるから、それをからだを通して
知っている若いダンサーをどんどん教育の現場に呼ぶといいのに、と
思います。

美佐ちゃんもとうとう上京!20年目だものね。安代先生の哲学が
かたちになったこどもバレエは倒れても見たいよね。

セッションハウスも、こどもバレエもそろって21年目!

卒業したこども達も顔を出し、花束をプレゼントしてくれる大人になっていて
感動!町のお医者さんになりたい医学生や、現役のバレリーナや、
法学を学ぶ学生や、ダンスの先生や、といろいろな成長の過程を
見せてもらいました。

安代先生の挨拶にバレエのお稽古を続けることは社会に出ても役にたつでしょう
とありましたが、それを実感するこどもバレエ3日間の発表会でした。
[PR]
by session-house | 2012-04-29 19:53