創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

一言で説明できない、ダンス。

明日から始まる「ダンスブリッジインターナショナル」
私たちのするダンスは多様性が特徴なので、説明が難しい。

今回は料理にたとえてみます。
一品ずつ違う味わいの料理が3品並び、それぞれ
すごく美味しい、という状況が明日からの公演。
グルメ番組のように、それぞれの味わいを説明すると、

太田ゆかりさんは、視線のダンス。
見る側の視線も共に流れ、楽しめます。

ニヴァンテ、藤田善宏さんと村田正樹さんは、音のダンス。
モノとモノ、体とモノ、体と体、接する音が楽しめます。

ニナ・ディプラさんは物語性のダンス
ストリーはないけれど、伝わる物語を楽しめます。

どれがメインディッシュということではない、ダンスの一品。
こんなにも、違って楽しいダンス、なのに、
コンテンポラリーというジャンルへのとっつきの悪さ、、、

一般の人に見てもらいたい、ダンスを集めて
「ダンスブリッジインターナショナル」いよいよ明日から!
[PR]
by session-house | 2014-10-17 21:53