創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

「赤い花・白い花、それから」打ち上げました!

昨年夏のアヴィニョンからの挑戦、10月札幌にて無事終了。
関係皆様のおかげです。

いろいろな劇場で上演できる機会は、そうはありません。
10年も繰り返し繰り返し、場所を変えて上演できたことに感謝の
気持ちでいっぱいです。

最後に出逢ったコンカリーニョという劇場の努力に出会い、
育たない作品に付き合ってくれた歴代ダンサーの努力と、
現在のダンサーとスタッフの努力が実った!と実感しました。

各地で迎え入れて下さる制作者はいつもがんばって下さいますが、
残念ながら、まだダンスは観客動員がきびしい、、、のは当然、、
しかし、日本各地の劇場をめぐりながら、
セッションハウスでダンサー達と共同しておこなう公演と、
何でこんなにもかけ離れているのだろうと、大赤字を抱えながら、
世界と日本の劇場システムの差に愕然としていましたが、

札幌に行って、初めて同じように作品に向き合い、共に創り、
赤字も共に考えてくれ、サポートしてくれる劇場に出逢いました。
セッションハウスと同じ、そのことが、一番の喜び!です。

各地でダンスを伝え、最大の努力をするのは、当然のことですが、
素敵な参加者と一期一会のダンスが出来たのも大きな喜びでした。

実りの秋に収穫できた10年物の「赤い花白い花」、
どこかでまた踊り、出会いの「それから」がありますよう。
[PR]
by session-house | 2014-10-30 15:49