創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

5月のあれこれ!

あっという間に5月が通り過ぎそう。お詫びが一つ。5月の神楽坂ダンス学校で、皆さまにアピールした大岩さんのコンテンポラリーバレエ、クラスが中止となりました。体調不良と発表したため皆様に心配をおかけしたようです。現在は落ち着き、もう不良ではないようなのでご安心下さい。しかし大事にした方が、ということでクラスは閉講。女性ダンサーは男子と違って乗り越えなければならない山がたくさんあるのです!受講したかった皆さまごめんなさい。若き男子鈴木竜君の元気なコンテンポラリーバレエもありますから、こちらもお試しください。

マドモアゼル・シネマ『刻のノート』も好評にて無事終了。これは反省する間も無く、もはや次の『春の祭典』に向けてリハーサル開始。もう頭がそちらに切り替わってしまいましたが、お礼を申し上げます。初めて見て頂いた方からまで、ハニカム寄金を頂きました。感謝してもしきれないほどの幸せです。皆で力を合わせ一生懸命ダンスいたします。『春の祭典』はわたしにとって至難の業、難物ですが、見ていただけるよう目下全員で必死でリハ中です。d倉庫での1回公演、客席が限られますので皆様はやめのご連絡よろしくお願い致します。

100回目となったシアター21フェス、好調発進!踊ることを自分の人生としたダンサー達が集まり、グッと来るダンスが続きます。100年後に届けようと意気込む我ら!理想も夢もでっかく、100記念を祝います。神楽坂の休日はぶらり散歩とダンス、東京名物にしたいものです。

そして素晴らしいニュースが一つ。ダンス花シリーズが始めて東京都の助成を得ることになりました。シアター21フェスからの発展が100回目にして助成に繋がったのも嬉しい!見て楽しい、踊って嬉しいコンテンポラリーダンス、1輪ずつ咲くダンス花たち、9月に3つ、来年1月にも!是非ご覧下さい。
[PR]
by session-house | 2015-05-26 16:45