創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

追加公演あります。

6月30日にあと1分30秒となってからの1秒の進まないこと。全くできずにうなっていましたが、やっとできました。今日初めて通してみます。先日はd-倉庫での場当たり。やはり現場でしか分からないこと、空間の持つ力があり、場当たりがやっと。黒い劇場でどう見えるか、照明、音響の演出が加わり輝くことを願っています。
そして1回きりの公演のため、定員をオーバー、お断りを始めたところにd-倉庫、林さんより追加公演の打診!ダンサーたちと話し合い、たった今追加を決定しました。
あのダンスをゲネも含めて3回は過酷と思いますが、ダンサー達の意気込みは高く、頑張ることになりました。21時から、あの激しい音楽を聞き、息があがるまで踊り続けるダンサー達を観るのも暑苦しいものがありますが、ストラビンスキーさんの過剰さに対抗するには、これくらいの決心も必要だろうと追加を決定いたしました。平日の21時です。観る方がどんなに少なくてもしっかり踊る!とダンサー達は申します。
日暮里のD-倉庫21時から、駅から10分ほど歩きます。地図をしっかり見ておいで下さい。くれぐれも神楽坂とお間違いのないよう。19時30分の回を申し込まれた方で、無理のある方は21時に変更のご連絡を下さいますよう。10人のダンサー達が届ける「春」をご堪能いただけるようもう少し頑張ります。
[PR]
by session-house | 2015-07-23 16:30