創る、伝える、企画する日々ダンス漬け!伊藤直子の超日常


by session-house

ダンス+ディナーショー

11月23日17時から、まったく新スタイルのダンス+ディナーショーを開きます。
セッションハウスを初めて25年、その感謝祭をクラス有志の皆さんと開きます。
ワクワクぞわぞわ!を体感するダンスを、踊る方も観る方も一緒に感じる新体感のショーを目指します。
踊る楽しさ、見せる力、観る愉快が一体化する時間を創ろうと思います。
アートとしてとらえられるコンテンポラリーダンスに日々接して、弱いのは、前記の3つの一体化だと思うようになりました。
もっとダンスが普通の生活に溶け込んで、「ちょっと今日は疲れたからダンスでもみようか」とか「今日はうれしい日だから皆でダンスみよう」とかならないものか夢見るのです。
シンガポールでは、「普通に観に来ますよ」というダンサーけいさんの言葉が耳に残ります。
ダンスの底力があってこそなのですが、このディナーショーは、歳の差50歳のアマ・プロ集団が、
どこにもないダンスシアターを創りお見せする無謀なショーです。
まずは異性や子供の胃袋をつかんで生きてきた女性たちの底力を”食”で感じていただきます。
いやいや、言うはやさし、行うは難しいことに、またも挑戦致しました、、
皆で力を合わせ、新スタイルを成就いたしましょう!
[PR]
by session-house | 2016-08-03 19:35